アンナチュラルの弟役の人は誰?

アンナチュラルの弟役の人は誰!?

ドラマ「アンナチュラル」で主演を務めるのほ石原さとみさんですね。

その石原さとみさんの弟役って誰が演じている方は誰なのかご存知ですか?

超特急の2号車、カイさんです!

本名は小笠原海さん。一体どんな方なのか?詳しくご紹介していきたいと思います!


アンナチュラルの基本情報とは

2018年1月スタート

TBS 毎週金曜日 午後10時~午後10時54分

脚本 :野木亜紀子

演出 :塚原あゆ子

プロデューサー:新井順子・植田博樹

製作 :TBS、ドリマックス・テレビジョン

『アンナチュラル』のプロデューサーを務める事になった新井順子さんは、ドラマ制作のため、実際に現場で働いている法医学者への取材を行ったみたいですよ。

法医学者=死体の解剖をしている人、というイメージが強いのですが、実在している法医学者たちがどんな思いを持って働いているのか、というところを視聴者に上手く伝える事ができれば、法医学者がより身近な存在になるのではないかな?と思っております。

アンナチュラルでミコトの弟役の小笠原海さんについて

おがさわら かい
小笠原 海

別名義 カイ
生年月日 1994年9月27日(23歳)

出生地 日本の旗 日本・神奈川県
身長 177 cm

血液型 O型
職業 俳優・ダンサー・モデル

ジャンル テレビドラマ・映画
活動期間 2000年代後期 –

事務所 スターダストプロモーション

小笠原 海は、日本の俳優、ダンサー、モデルです。神奈川県出身です。

スターダストプロモーション芸能3部所属しております。

同事務所の若手男性アーティスト集団EBiDANのメンバーであり、音楽ユニット超特急のメンバーです。

超特急での活動名はカイです。大のバナナマン、K-POP、ポケモン 好きとしても知られております。

2009年4月、テレビ番組『スクール革命!』で行われた番組レギュラー及びジャニーズ事務所のオーディションを受け3次選考まで進んだものの落選しました。

同年8月、スターダストプロモーションから月刊De-View公式携帯サイト「デビューしようよ」内でスカウトされました。

雑誌『ピチレモン』2010年2月号よりメンズモデルとなります。

両親と妹の4人家族だそうです。

超特急内の担当は神秘担当です。

同じグループの超特急の筋肉担当である草川拓弥とは高校の同級生でありクラスメイトだったそうです。

当時の同級生には同事務所の先輩であるももいろクローバーZの百田夏菜子、℃-uteの鈴木愛理、女優の松岡茉優、Flowerの藤井萩花、重留真波、歌手の家入レオ、俳優の小西成弥等です。

スクール革命!のオーディションを受けていることもあり、ジャニーズに非常に関心が高いです。

とくにKAT-TUNが好きで、芸能活動を始める前から踊りを真似ていました。

また、赤西仁に憧れていると公言していて、「Rakuten GirlsAward 2017 AUTUMN/WINTER」で超特急としてゲスト出演した際に、共演しました。

その時の2ショット写真は、小笠原のinstagramにアップされています。

自身の生誕祭イベントでも、赤西仁のソロ曲『ムラサキ』を披露しています。

またその生誕祭では、同じくメンバーであり、元ジャニーズJr.の超特急のリョウガとKinKi Kidsの楽曲である『愛のかたまり』を披露しました。


アンナチュラル 小笠原海の経歴とは

プロフィールでもご紹介した内容が含まれているかもしれませんが、経歴について少しお話しておきます!

小笠原海は1994年9月27日生まれで、現在23歳の超特急メンバーです。

超特急は芸能事務所・スターダストプロモーションの若手男性アーティスト集団「EBiDAN」発の音楽グループで、2011年結成から徐々に知名度を伸ばしてきたのです。

2017年4月には12thシングル「超ネバギバDANCE」でオリコンウィークリーチャート1位に輝くほどの人気がございます。

今回アンナチュラルに出演する小笠原海は、超特急では2号車「カイ」という名義でダンサーとして活躍中となります。

超特急はグループの本人役や、ダンスグループの役としてドラマや映画にもたびたび出演しております。

ドラマでは「そこをなんとか2(2014年)」「心がポキッとね(2015年)」では、ゲストとして超特急メンバーで出演しました。

ひとりの少女のために男子チアリーディングに挑む青春ドラマを描いた映画「サイドライン」では超特急全員が主演しました。

チームでの活動が多かった超特急なのですが、近年ではソロ活動も活発化してきております。

カイこと小笠原海は2017年には映画「ハローグッバイ」で尊役で制服を着て演技です。

さらに同年、小笠原海は窪田正孝主演の映画「東京喰種トーキョーグール」にて主人公カネキの親友・ヒデを演じておりました。

小笠原海にとって、この作品が俳優として飛躍した大きな一歩であったと言えることでしょう。

そして、2018年の年明けからドラマ「アンナチュラル」にて主人公ミコトの弟・秋彦を演じることとなり、俳優としても気持ちの良い滑り出しでスタートを切りました。

窪田正孝とも再度共演となり、魅力的な俳優陣のなかでの活躍が見られそうですよね!

アンナチュラル 小笠原海さんが弟役の役柄とは

連続ドラマでは初レギュラー出演となる小笠原海さんです。

まだ演技経験の少ない中でどれだけ演じきれるかが重要なところです。

注目の役どころとしては、

真面目で責任感が強く、大学時代にアルバイトをしていた予備校に就職し、講師として学生指導にあたっています。

不在がちな両親のかわりに姉と過ごすことが多かったせいでお姉ちゃんっ子として育ちますが、ミコトから「秋ちゃん」と呼ばれることを最近は少々照れくさいと思っているという役どころとなってます。

この三澄秋彦、なんかありそうなんですよね。

ちなみに予備校講師の動画を見て勉強しているとか!

東京喰種トーキョーグールで共演した窪田正孝さんもいますし、現場環境は良さそうですよね。

話題作の主人公の弟という重要なポジションですが、頑張ってほしいところですね。


小笠原海の演技力とは

「音楽グループの俳優さんなんて、大した演技力ではないのでは?」

と感じてしまいがちですが、世間的な評価を見てみるとそれほど演技面で悪い印象はございまさん。

ツイッターの反応を見てみましょう!

・やっとハローグッバイ見てきた。すごい感動する話だった。海くんの演技すごい良かった。

・ハローグッバイを見ても東京喰種を見ても小笠原海さんは本当に演技が上手い。自然に物語の世界に溶け込んでいて。役者さんってその人の個性が強く現れてそこが強みになる人もいるけど、今のところ小笠原海さんは自身の解釈が表れすぎない演技をするなと。

との評価がありました!

ハローグッバイは作品として映像や世界観の作りが丁寧でかつ繊細、心情描写も細かに描かれているために役者として「自然な演技」が必要になるものだったそうですね。

作品全体として評価が高く、小笠原海だけでなく他の役者さんたちもすごく良い演技をしていた印象がありました!

以下がそのツイートです。

・お友達と東京喰種見に行ってきたんだけど、超特急のことあんまり知らないのに、ヒデの人めっちゃ演技上手じゃん!原作と一緒!って褒めてくれて、自分のことのように嬉しかった。

・東京喰種の小笠原海だけどikki!!!!!i!!ですげえ大根な「その通り!」を披露した人とは同じに思えないくらい普通に演技上手かったぞ。

「東京喰種トーキョーグール」でも評価はなかなかのようですよね。

演技の成長スピードがとても早く、今後も俳優として期待できるのでは?と思います!

アンナチュラルでは、どのような演技を見せてくれるのか注目していきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。