BGはSPのパクリ?違いは?

BGはSPのパクリ?違いは?

1月18日(木)よる9時から放送されておりますドラマ『BG身辺警護人』!

主演にキムタクこと木村拓哉さんを迎えた、2018年1月ドラマの中でも再注目作品となりましたね!

とてもスーツのかっこいい姿でしたがspのパクリなのでは?などといったことが話題となっております。

そこで今回は、パクリなのか?違いはなにか?詳しくご紹介していきたいと思います。


Twitterでパクリ?というコメントが多数あった?

新しいドラマに対して、みんなどんな期待を寄せているのかをいろいろと調べていたら、主にツイッターでこんな雰囲気のツイートがちらほらございましたのでご紹介します!

・てかなによBGとかいうSPのパクリ臭しかしないドラマ

・ボディガードを題材にした『BG』ってまんま『SP』のパクリじゃないの?。

・キムタク主演の「BG」とかいうドラマがV6の岡田くん主演の「SP」のパクリにしか見えない

・なんか今度やるキムタク主演の“BG~身辺警護~”という新しいドラマ、タイトルからして岡田君が主演の“SP 警視庁警備部警護課第四係”に似てる思て脚本家同じ方?金城一紀さん??思たけど井上由美子さんやった

・「君の名は。」概ね良かったんですけど、一ついいですか。BGってSPのパクりですよね。

・キムタクのBG、何年か前にあったSPに雰囲気似ててなんか観たくならない

・キムタクのBGって岡田准一のSPのパクリでは、、

・てかCMでやってるBGが完全にSPのパクリでつまらなさしか感じへんな大丈夫か wwwww

放送前からのツイートにはなるのですが、ちょっと辛口なコメントが目立っておりますね。

この『BG身辺警護人』のCMが、地上波初登場の映画『君の名は。』の放送直後に流れたのでかなり注目度も高かったみたいなのですが、ここで始めてこのドラマの存在を知った視聴者から、以前V6の岡田准一さん主演で放送されていた『SP』というドラマに雰囲気が似てる!ととらえられたようなのです。

まあ確かに、『SP』という大文字アルファベット2文字である『BG』をロゴにでっかくデザインしているところが似ている上に、依頼者を危険から守る!というお仕事内容も似ているので、どうしても比べられてしまうのは仕方ない事かも知れませんが…。

ということで、ここからはドラマ『BG』と、『SP』との違いを見てみましょう!

「パクリ」と呼べるのでしょうか?

BGとSPの違いとは?

◆『BG』身辺警護人

製作局:テレビ朝日
放送時間:21:00~

監督:常廣丈太、七髙剛
脚本:井上由美子

出演者:木村拓哉、石田ゆり子、斎藤工、江口洋介、菜々緒、上川隆也、間宮祥太朗

脚本に、『白い巨塔』『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』『緊急取調室』シリーズ。木村拓哉さん主演のドラマでは『GOOD LUCK!!』『エンジン』など数々のヒット作を世に送り出している井上由美子さんです。

このドラマは、もともと民間警備会社の敏腕ボディーガードとして働いていた男が、あるきっかけから工事現場の一警備員になっていた。しかし、ひょんなことから警備会社のでの身辺警護課に引き抜かれ、ボディガードとして復帰をすることになるというお話。

しかし、木村拓哉さん主演のドラマは、共演者もかなり豪華ですよね!どの方も主演を張れるレベルの俳優さん・女優さんばかりです。豪華な共演者というところも、キムタク主演ドラマの魅力でもございますよね。

◆『SP』警視庁警備部警護課第四係

制作局:フジテレビ
放送時間:21:00~

監督:本広克行
脚本:金城一紀

出演者: 岡田准一、真木よう子、松尾諭、神尾佑、山本圭、堤真一

脚本は、『GO』『BORDER』『奥様は、取り扱い注意』などで知られる金城一紀です。自らも「カリ・シラット」という格闘技を習得しており、アクションシーンは映画さながらの迫力となってます。

警視庁警備部警護第四係機動警護班に所属する、特殊な能力を備えたSP井上薫(岡田准一)と、その仲間のSP達がテロリストと戦うというドラマだったと思われます。

『BG』と『SP』の大きな違いといえば、『BG』のほうは民間の警備会社に努めているのに対して、『SP』のほうは警視庁の所属しているという点となりますね。

『BG』のほうは民間企業なので、拳銃は所持していないという大きな違いが・・。暴力をふるってこないと反撃もできないので、まさに体を張って依頼者を守る、大変なお仕事ですね。
しかし、やっぱり一番大きな違いといったら、脚本家の違いだと思われますね。

金城一紀さんは、アクションシーンにも深くかかわってくる、割とハードな雰囲気の作風なのに対して、井上由美子さんは、どうしても「ラブストーリー」寄りの展開になっていくと予想されるので、タイトルロゴやお仕事内容はかなり似ておりますが、内容的には全く違ったお話になっていくのではないかと思われますよ。


『BG』では、アクションシーンは『SP』より弱めなのか?

『SP』では、脚本が金城一紀さんなのに加えて、主演がジークンドー、フィリピンの国技武術エスクリマ、総合格闘技USA修斗の3分野でインストラクターの資格を持っている驚異の武闘派アイドルV6岡田准一さんです!

正直、岡田さんがインストラクターの資格を持っているというのは知りませんでした!

金城さんのかなりハードな要求にもバシバシこたえられる肉体と技術を持っている岡田さんだからこそ作られたドラマなのですね。

ただ、木村拓哉さんのほうも、映画『無限の住人』で見せたアクションシーンは圧巻で、木村さんのプロ意識から、アクションも肉体も、かなり作りこんでくることが予想されますので、この辺りは楽しみにしておいていい部分だと思われます。

最近では、アクションシーンもかなりかっこよく描かれるようになってきた日本のドラマなので、今回もかなり期待していいのではないかな?と、思いますよ。

第1話でも少しアクションシーンがありましたね!

パクリではないけど、意識はしてるのか?

記事の信ぴょう性はわからないのですが、こんな記事がございました!

『さらに厄介なのが、ボディーガードという役どころから、事務所の後輩であるV6の岡田准一を、異様なまでに意識している点だといいます。

「木村は2007年に岡田が主演したヒットドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』(フジテレビ系)越えを狙っており、車を大破させたり、派手なガンアクションなどにチャレンジしたがっています。

その結果、テレ朝関係者が制作費を単純計算したところ1本1億1000万円という仰天の数字が弾き出されたというわけなのです。

『ドクターX』のように、視聴率が20%も行くのならいいのですが、昔の木村ではなく今の木村が主演だけに、そんな保証はどこにもありませんからね」』

木村さん本人が岡田さんに対してライバル意識を燃やしているかどうかはわかりませんが、ドラマのつくりやタイトルから、どうしても比較されてしまうことは作り手側もわかっていると思うので、もしかしたらドラマ『SP』を超えたい!と思っているというのも、あながち間違いではないかもしれないですね。

パクリというよりは、あえてちょっとだけ似せることで注目させる、今ならではのプロモーションの一環なのかも知れませんよね。


BGとSPの仕事内容をそれぞれご紹介!

SPとはセキュリティポリスの略称であり、警視庁に属する公務員!

日本でSPが制度化されたのはおよそ40年ほど前であるといい、アメリカ大統領の身辺警護を担当するシークレットサービスにインスピレーションを受けたのだそうだ。

現在では、国の規定にのっとった警護対象のみを警護することが彼等の仕事内容となっていた。

時に国の高官は襲撃の対象となったこともありった。そのような痛ましい事件を未然に防ぐこと主なる業務内容だ。

仕事内容の一部は、内閣総理大臣や衆議院、参議院の議長、また国賓や都知事などといった民間外の要人護衛だ。

SPともなると、有事の際には身を挺して要人を警護しなければならない。

身体的な能力は高く要求されることとなる。

173cm以上の体格であり、なおかつ拳銃の腕、柔道などで磨き上げた秀でた腕力、またそれ以外にも機敏な動作であったり、過酷な訓練をつんだ猛者のみがSPとなる資格を持つことができるのだ。

ちなみに、要人の自宅付近に配置される警官は、SPではなく機動隊、または公安警察だという。

加えて、天皇陛下の警護に当たるのもSPではなく皇宮警察であるということに留意しなければならないのだ。

パクリと思われるのも仕方がないことかもしれませんが、BGはBGで面白いのでとくに問題はないですよね(笑)

これからの展開も楽しみですね!

BG spのパクリ?違いは?についてでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。