アンナチュラル アドリブが見どころ?!石原さとみさんの演技について

アンナチュラル アドリブが見どころ?!石原さとみさんの演技について!

アンナチュラルが1月から新しく始まりますね!

石原さとみさんが主演ということもありかなり楽しみなドラマではないでしょうか?

そこで今回は、アンナチュラルの石原さとみさんに注目をおいてご紹介していきたいと思います!


ドラマ『アンナチュラル』の基本情報

ドラマ『アンナチュラル』はTBSの金曜ドラマ枠で放送となります。

2018年1月12日にスタートする注目ドラマのひとつ!

主演を務めるのは、人気女優の石原さとみです。

石原さとみが演じるのは法医解剖医となっております。

そのほかのキャストとしては、井浦新や窪田正孝、市川実日子らが出演します。

また、脚本を務めるのは野木亜紀子となっております。

野木亜紀子と言えば、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で脚本を務めました。

今作の『アンナチュラル』では、どんな脚本になるのか楽しみですね!

逃げ恥のように、ドラマ『アンナチュラル』もブームになるのかもしれませんよ!

ドラマ『アンナチュラル』は、一話完結型の法医学ミステリーとなっております。

それだけに、見やすいドラマなのでぜひ注目してみてくださいね。

アドリブ盛りだくさんのテンポのいい会話劇とは

石原さとみさんといえば、早口のセリフが話題の「会話劇」ですよね!

ドラマ【地味にスゴイ!】の河野悦子役でも、映画【シンゴジラ】のカヨコ・アン・パタースン役でも、早口で長いセリフは話題となりました。

ドラマ【アンナチュラル】も専門用語が多そうな気もしますね。

アドリブが盛りだくさんということでしたので、解剖しながら、石原さとみさん演じる『三澄ミコト』が専門用語盛りだくさんの長いセリフを早口で聞ける日もあるかもしれませんね!

とても楽しみです。


アンナチュラル主演の石原さとみの経歴とは

石原さとみは1986年12月24日生まれで現在30歳(ドラマ公開時は31歳)の女優さん。

女優として活動を始めたのは、2002年に第27回ホリプロタレントスカウトキャラバンにて受賞したときです。

石原さとみの名前を有名にしたのは、2003年に放送された連続テレビ小説「てるてる家族」のヒロイン・岩田冬子を演じたことでした。

以降、「WATER BOYS2」などドラマへ次々と出演して、2005年にはNHKドラマ「義経」などにも参加、順調に知名度を上げていきました。

2012年に放送された「リッチマン、プアウーマン」もかなりよかったですよね!

だんだん、女性の魅力を最大限に発揮できる女優に変わってきたような気がします。

それには2008年、今は亡き名劇作家・つかこうへいの舞台「幕末純情伝」に出演したことが関わっているみたいです。

「幕末純情伝」は沖田総司が女性だったという設定で描かれた作品で、沖田総司役を石原さとみが演じております。

その演技は「純情」と「淫乱」を使い分けるものだったため、つかこうへいの指導もあり石原さとみの演技にも幅が出てきたのではないかと言われております。

以降も美しさと可愛さを両立した魅力で「失恋ショコラティエ(2014年)」「ディア・シスター(2014年)」「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子(2016年)」など、人気作品のヒロインとして次々と成功をしております。

校閲ガールは石原さとみが何十種類もの衣装を披露したことでも大きく話題となりました。

もちろん映画でも活躍しており、「シン・ゴジラ」のカヨコ・アン・パタースン役でゴジラのことを「ガッジーラ!」と発音していたのが印象に残っている人も少なくないはず!

今回のドラマ「アンナチュラル」は「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」以来の主演作品です!

石原さとみの演技力とは

石原さとみの演技力についてですが、私は結構好きな演技です。嘘がないように見えますし、とにかく可愛い!

よく「ぶりっ子」と言われている印象もあるようですが、恐らく「失恋ショコラティエ」の演技を見た影響かと…。実際可愛いけど面白い役が多いですよね。

ぶりっ子な演技もいいですが、サバサバした演技やどこかズレてる女性を演じるのも上手いなと思います。

その中に、どこかエロさがある点もあるので、最高なんですよね。なんて語っていると話が止まらなくなるので、いろんな方の意見をご紹介しますね!

・家族に石原さとみって演技うまい?って聞いたら大袈裟で鼻につく。だってよ

・失恋ショコラティエの石原さとみの演技は見事すぎるとしかいいようがない

・最近TLに石原さとみのドラマ動画がよく流れてくるけど、やっぱ石原さとみの演技は好きになれないや…なんつぅかオーバー過ぎて嘘くさく見えてしまい…

・石原さとみは着々と演技力と美を磨いてきた実力派だと思う、あの人の演技はアドリブも利くし本当にうまいと思う

いろんな意見があり、賛否両論となりました。

確かに石原さとみの演技は個性がゴリゴリ出てしまう部分があるので、そこに違和感を感じる人や苦手な人にとってはどうしても下手に見えてしまうのかもしれませんね。

私的にですが、なんだか少し外国ドラマのような演技な気がします。

なので逆に、好きな人にはとことん刺さる演技でもあると思われます。

あと、石原さとみの演技力の他にもう一つ個人的に気になっていたのは「英語力」です。

英会話「イーオン」のCMと「シン・ゴジラ」で英語を披露していたので、気になっていた方もいらっしゃるのでは?

・「シンゴジラ」もお話的には面白いが唯一気になるのが石原さとみさんの配役。彼女は努力家だし演技も上手。でも日系アメリカ人という設定にしては、英語の発音がネイティヴに聞こえない。口腔内をあんまり使ってない感じ。ネイティヴなアメリカ英語を話せる女優さん、たくさんいるはずなのにねぇ。

といったツイートがありました!なるほど!

今後も、石原さとみの英語力を生かした演技が出てくるか、確認してみてるのも面白いそうですよね。


アンナチュラル 三澄ミコトの役柄とは

アンナチュラルで石原さとみが演じるのは主人公の三澄ミコトとなります。

三澄ミコトは1500件もの解剖実績を持つ法医学者で、医大の准教授として研究を重ねUDIラボ(不自然死究明研究所)にやってきたのです。

合理的な性格で、考え方も現実的…。

不自然な死をそのままにしておくことができないタチで、UDIラボに依頼される死体にメスを入れていくことになる。

UDIラボの先輩・中堂系(井浦新)とは考え方が合わず、衝突することもしばしばある。

記録員の久部六郎(窪田正孝)、臨床検査技師の東海林夕子(市川実日子)と協力しながらミコトはアンナチュラルデスに立ち向かっていくのです。

石原さとみの髪型が斬新でかわいいと話題に!

ドラマ『アンナチュラル』で主演を務める石原さとみさん。

そんな石原さとみの髪型が斬新でかわいいと話題になっています。

石原さとみが出演するドラマでは、いつも髪型やファッションが注目されておりますね。

それだけに、今回の『アンナチュラル』でも髪型がかわいいと話題になっています。

今回の石原さとみの髪型は、ボブで薄めの前髪となっております。

髪色も明るくて、軽やかで爽やかなイメージでかわいいですね。

ドラマ『アンナチュラル』は、公式ツイッターがすでにございます。

そして、公式ツイッターには石原さとみの画像もアップされております。

ぜひ、公式ツイッターから石原さとみを確認して、かわいい髪型に注目してみてくださいね!

アンナチュラルの注目ポイントとは

ドラマ『アンナチュラル』の注目ポイントのひとつは、石原さとみさんだと思われます。

やはり、人気女優・石原さとみの演技や髪型には注目点ですね。

石原さとみの髪型を参考にして、真似してみる人もまた増えることと思われます。

また、脚本を務めるのが野木亜紀子というのも注目ポイントです。

逃げ恥で脚本を務めた野木亜紀子だけに、今回のドラマも楽しみ!!

石原さとみと野木亜紀子のタッグが、どんな相乗効果をもたらすのでしょうか。

とにかく、ドラマ『アンナチュラル』は2018年1月期の注目ドラマです!

アンナチュラル アドリブが見どころ?!石原さとみさんの演技についてでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。