99.9 ドラマの視聴率はどれくらい?

99.9 刑事専門弁護士ドラマの視聴率はどれくらい?

99.9のドラマがシーズン2として来月に帰ってくるため話題となっていますね。

しかし、シーズン1では過去に視聴率が低くて話題になったことがあるのを知っていますか?

そこで今回は、シーズン1の視聴率やシーズン2に向けて知っておきたいことについてご紹介していきたいと思います。


99.9シーズン1で視聴率が低かった話題①

5月22日に放送されました松本潤主演のドラマ「99.9─刑事専門弁護士─」(TBS系)第6話の視聴率が、13.3%を記録し、前週からみると大幅に数字を下げたことが話題となっておりました。

「『99.9』は前回、視聴率18.9%を記録していましたが、今回は13.3%と大きく数字を下げてしまいました。

裏番組で『バレーボール・女子日本代表戦』(フジテレビ系)が放送されていたことで、一部の視聴者がそちらに流れたのだと思われます。

しかし来週よ同時間帯の裏でもバレーボールが放送されるので、『99.9』は引き続き視聴率での苦戦が予想されました。

今回、数字を下げたとはいえ、民放ドラマの中ではトップ視聴率を誇っていおりました「99.9」。

しかし視聴者の間では、ドラマの中のある内容に関して「ウンザリする」との声が殺到しておりました。

「『99.9』ではプロレスやピタゴラスイッチなど、毎回、本筋とは関係ない内容で視聴者を笑わせようとする小ネタを連発している。

しかし劇中、その頻度があまりに高すぎるということで『さすがにウザくなってきた』『寒い小ネタを連発しすぎ』『もう少しバランスを考えて』と、ウンザリする視聴者の声が回を重ねるごとに増えてきているとのことでした。

そのため今後、純粋に弁護士モノのストーリーを楽しみたい視聴者にチャンネルを替えられ、視聴率低下に繋がる可能性があると考えられてもいました」

演出を務める木村ひさし氏は、「トリック」などで有名な堤幸彦作品にかつて助監督で参加していたため、「99.9」でもそのギャグ要素を受け継いでいるのかもしれませんね。

しかし一部の視聴者からすると、あまりに高い小ネタの頻度に引いてしまう者もいたようでした。

99.9シーズン1で視聴率が低かった話題②

ドラマ『99.9 -刑事専門弁護士-』が19日の放送で最終回を迎えました。平均視聴率が今期ドラマでもっとも高く、有終の美を果たせるかどうかに注目なわけだったのですが…。

高視聴率によって、同ドラマの「続編」「映画化」にも現実味、という情報がそこかしこで流れていました。

まあ、ヒットドラマということでそういった情報が流れるのは自然なことではありました。

ただ、視聴率ほどこの『99.9』が世間に話題を振りまいているような印象はほとんどありませんでしたね。『日曜劇場』のヒット作である『半沢直樹』や『下町ロケット』は話題性が非常に高かったのは多くの人が感じているところだと思われます。

そもそも、かつてSMAPの木村拓哉が主演した『HERO』(フジテレビ系)に設定が似ており、その”劣化版”という指摘も多い同ドラマとなります。

仮に映画化してもさらに質の低い作品になるのでは、という意見は枚挙に暇がなく、「せめてスペシャルで」という意見が大半でした。

ネット上には「つまらない小ネタが多すぎ」「事件が簡単すぎる」など不満の声であふれていました。筆者もまったく同じ感想でした。

何より、同ドラマの主演である松本潤の演技に、それほどの魅力が感じられないという声もありました。「ヘラヘラ笑ってるだけ」という印象を受ける視聴者も少なくはありませんでした。

松本といえば、実写版が制作されるマンガ『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの映画化で主演を張るという話がありました。

しかし、原作者である荒木飛呂彦氏側から「世界観とかけ離れている」という理由でOKは出ませんでした。

その後、他の事務所の役者でキャストを固めたことでジャニーズ事務所側が激怒し、『うちのタレントは一切出さない』と相当な剣幕で怒ったという話もありました。

「『ジョジョ』などまず実写化することが困難な印象を持つファンが大半だと思われますが、あの空条承太郎を身長の低い松本が演じるとなれば、批判はさらに大きなものとなったと思われます。

実際、主演が山崎賢人になったことはまだマシだったとは思われます。

『ジョジョ』の一件でわかったのは、やはりジャニーズ事務所は制作サイドが気に食わなければ横暴な行動に出るということでしょう。

『99.9』も、視聴率を獲得したのだから『映画化』『続編』と話を進めなければと、ジャニーズ事務所側に対し制作側が配慮として情報を流しているように見えてしまうのですが、考えすぎかもですね…。


99.9シーズン2は不安だらけ?高視聴率も話題0とは?!

嵐の松本潤主演、日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士- SEASON 2』の放送が決定しました。

同ドラマは全話平均視聴率でも17.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と同クール内でトップとなった人気作品で、松本が変わり者の弁護士を演じ話題を呼んびましたね。

また、ヒロインの榮倉奈々が「産休」ということもあってか、新ヒロインには木村文乃が抜擢されることとなりました。

好調続くTBSドラマだけに第2期の視聴率も期待されておりますが、もともと不安要素も多かった作品だけに、心配の声も多いのが現状です。

「視聴率ほど『99.9』が世間に話題を振りまいているような印象はほとんどございません。

『日曜劇場』のヒット作である『半沢直樹』や『下町ロケット』は話題性が非常に高かったのは多くの人が感じているところだと思われます。

そもそもSMAPの木村拓哉が主演した『HERO』(フジテレビ系)に設定が似ており、その”劣化版”という指摘も多いのです。

ネット上には『つまらない小ネタが多すぎ』『事件が簡単すぎる』など不満の声であふれています。

何より、同ドラマの主演である松本潤の演技に、それほどの魅力が感じられないという声も多かったのです。

『ヘラヘラ笑ってるだけ』という印象を受ける視聴者も少なくはなく、松本の演技力は常に不安視されていました」

また、そんなドラマを支えていたのが榮倉という声もあり、木村に代わることに対する不安も多いとのこと。

「ジャニーズヒロイン多くない?」という指摘もあるようなのですが……。

また、何より不安視されているのですが、凋落した松本の人気です。

「昨年末、女優の井上真央と葵つかさとの『2股愛』が週刊誌にスクープされ、その後も何もコメントせず井上や葵だけがメディアにしっかりと対応したこともあり、松本のイメージが一気に悪くなった。

そもそも不安視される中で、さらに主演の人気が落ち込んでいるとなれば、不安だらけの船出となりそうですね…。

99.9シーズン2の基本情報とは

放送開始日:2018年1月14日(日)

放送時間:日曜よる9時

脚本:宇田学

トリック監修:蒔田光治

プロデュース:瀬戸口克陽、東仲恵吾

演出:木村ひさし、ほか

製作著作:TBS


99.9シーズン2の見どころとは

99.9-刑事専門弁護士- は第1シーズンから高視聴率を叩き出していたドラマで、平均視聴率は17.15%を記録しておりました!

このことから、早い段階から第2シーズンが期待されましたが、かなり早い時期での続編が決定したことに驚き!

今回は榮倉奈々さんはヒロインとして登場することはないようなのですが、新たに木村文乃さんがキャストに加わり、新しい99.9-刑事専門弁護士-を見ることが可能のようですね。

今回はシーズン1で明らかにされなかった深山が刑事専門弁護士を志望するきっかけとなった26年前の事件についても語られることになるかも?

そう考えるとシーズン1の段階で続編ありきで考えていたのではないかと思いますね。

シーズン2が待ち遠しいですね!

ドラマ 99.9 のシーズン2が決定し話題に!視聴率は良かったのか?についてでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。