トドメの接吻 エキストラ募集をまとめてみた結果

トドメの接吻 エキストラ募集をまとめてみた結果!

『トドメの接吻』は2018年1月から日本テレビ系列の日曜夜ドラマ枠で放送される事が決まった注目の新作ドラマとなっております!

朝ドラ『まれ』や映画『ジョジョの奇妙な冒険』『斉木楠雄のΨ難』といった人気作への出演が相次いでいるイケメン若手俳優・山﨑賢人さんが『トドメの接吻』で地上波連ドラ初主演を務める事が決まり、ネット上でも大騒ぎになっております。

そこで今回は、トドメの接吻のロケ地はどこになるのか?エキストラ情報はでているのか?見どころはどこか?など詳しくご紹介して行きたいと思います。


トドメの接吻の基本情報とは

放送日時 (日)22:00~

放送開始日 2018年1月~

主演 山崎賢人

原作 オリジナル

脚本 いずみ吉紘

トドメの接吻のキャストとは

トドメの接吻のロケ地、撮影場所については、調べてもまだ情報が出てませんでした。

Twitterでの情報も出ていないため、屋内、もしくは人目の付かない場所での撮影をしているのかもしれないですね!

撮影自体は、放送が1月からなのでもう始まっていてもおかしくはないのですが、エキストラ募集の情報も出ていませんでした。

エキストラとして出たい方は定期的にチェックしたほうがいいかもしれませんね。


トドメの接吻のキャストとは

◆山崎賢人(役:堂島旺太郎)

堂島旺太郎…ホストクラブ「ナルキッソス」のナンバーワンホストです。イケメンなのはもちろん、気配り上手の優しい男だが、それは表の顔です。

裏の顔は、カネと権力だけを追い求める“クズ男”です。12年前、ある事件をきっかけに誰も愛そうとはしなくなりました。

山崎賢人…1994年9月7日生まれ。東京都出身です。中学3年生のときに原宿竹下通りでスカウトされ芸能活動を開始しました。

雑誌『ピチレモン』でメンズモデルとして活動しました。

2010年、ドラマ『熱海の捜査官』で俳優デビューしました。2011年、『管制塔』で映画初主演しました。

2016年、『ヒロイン失格』、『orange』等の話題作に次々と出演し、第39回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞しました。

 

◆門脇麦(役:キスで殺すオンナ)

キスで殺すオンナ…旺太郎の前に突如現れた、“キスで殺す女”です。クリスマスイブの夜に、サンタクロースの格好をして現れます。

巷では「嫉妬に狂った女が自分の唇に毒を塗ってキスで殺した」という事件が勃発し…。

逃げる旺太郎をどこまでも追いかけてきます。

門脇麦…1992年8月10日生まれ。東京都出身。2011年、テレビドラマ『美咲ナンバーワン!!』でデビューしました。

2014年に公開されたR18+指定映画『愛の渦』では「地味でまじめそうな容姿ながら、誰よりも性欲が強い女子大生」というヒロインをオーディションで勝ち取り、初めて濡れ場やヌードに挑戦しました。

同作および『闇金ウシジマくん Part2』、『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』での演技により第6回TAMA映画賞最優秀新進女優賞、第36回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞、第88回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞の新人各賞を受賞しています。

 

◆新田真剣佑(役:並樹尊氏)

並樹尊氏(ナミキタカウジ)…旺太郎の人生のライバルとなる、“完璧紳士の御曹司”です。

日本企業トップのホテル王・並樹グループの御曹司であり、旺太郎が狙う社長令嬢の兄です。

並樹が経営する乗馬倶楽部の部長を務めています。しかし、彼には家督を巡るある秘密が隠されています。

新田真剣佑… 1996年11月16日生まれ。アメリカ合衆国のロサンゼルス出身です。

2012年からアメリカ合衆国で映画『SPACE MAN』『テイク・ア・チャンス 〜アメリカの内弟子』やショートフィルム『TADAIMA』『CALIFORNIA LIFE』らの主演作品をクランクアップです。アメリカのみで公開されています。

2014年からは日本でも活動を始め、2017年『ちはやふる -上の句- / -下の句-』で、第40回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞しました。

最近の作品では、「チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」(2017年)「ピーチガール」 (2017年)「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」 (2017年)公開予定のハリウッド映画、パシフィック・リム: アップライジング (2018年)などにも出演しました。

 

◆新木優子(役:並樹美尊)

並樹美尊(ナミキミコト)…旺太郎が人生で最も理想とするカネと権力を持った“セレブな社長令嬢”です。日本企業トップのホテル王・並樹グループの令嬢であり、尊氏の妹です。

何不自由なく育ったためワガママなところもあるが、とても素直な性格です。完璧な兄がいつも傍にいるせいで、同年代の男には全く興味が持てません。

 

◆佐野勇斗(役:長谷部寛之)

長谷部寛之(ハセベヒロユキ)…大手クルーズ会社の御曹司で“美尊に恋するお坊ちゃま”です。

尊氏、美尊とは幼馴染で、小さい頃から美尊のことが好きだそうです。

美尊には相手にされていませんが、彼女に付き合えるのは寛之くらいではと周りは思ってます。

美尊にちょっかいを出してくる旺太郎にライバル心をむき出しにします。

トドメの接吻に菅田将暉が出演する噂は本当なのか?

ネット上では、トドメの接吻に菅田将暉さんが出演するのではないかという情報が飛び交っていますが本当なのか?

このことについて調べてみましたが、公式にはそういった情報は発表されておりませんでした、

どうやら、ネット上では、シルエット予想として出されていただけとのこと。それと同時に、「菅田将暉が出たら最高」というコメントも多く見受けられた。

しかし、山崎賢人と新田真剣佑が出ていて、さらに菅田将暉が出てきたら、メインキャストの無駄使いになる可能性もありますよね。

むしろ、そこに竹内涼真を加えたら木更津キャッツアイみたいになっていいかもしれませんよね。

と思っていたら、12月21日の最後の発表で、謎のストリートミュージシャン役として菅田将暉さんが出ることが発表されましたね。

しかも主題歌も歌うそうですよ。

これはますます見逃せないドラマになることでしょう。

 


トドメの接吻の見どころとは

ズバリ、『トドメの接吻』の最大の見どころは、主人公・堂島旺太郎を不思議なタイムリープ生活へと誘い込むきっかけを作ったミステリアスな女性は一体何者なのか、というところだと思われます。

堂島旺太郎は12年前に発生したとある事件の影響で歪んだ性格になってしまった、という背景があるのだが、ミステリアスな女性が堂島旺太郎の気持ちを大きく変化させた12年前の事件に関わっているのは間違いないと思われます。

堂島旺太郎に大きなトラウマを植え付けた12年前の事件の内容に注目するのはもちろん、12年前の事件の真相に迫るのと同時に、ミステリアスな女性の正体を徐々に明らかにしていく堂島旺太郎の振る舞いに注目していただきたいと思います。

 

トドメの接吻の最終回結末予想してみた!

ドラマ『トドメの接吻』の最終回結末を予想しましたのでご紹介します。

『トドメの接吻』は、原作が存在していないオリジナルドラマなので、現時点でどのような最終回になるのか、というところは明らかになっておりません。

でも、『トドメの接吻』のジャンルはラブストーリーですから、主人公・堂島旺太郎と、堂島旺太郎をタイムリープ生活へと誘い込んだミステリアスな女性が恋仲になるのでは、というような超展開が待っているのではないかなと予想しております。

ストーリー序盤から最終回結末につながっていく伏線が張られているはずですので、見逃さないようにしていただきたいです。

トドメの接吻 エキストラ募集をご紹介!についてでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。