99.9 榮倉奈々は降板で出ないの?

99.9 榮倉奈々は降板で出ないの?

松本潤さん主演のドラマ「99.9 刑事専門弁護士」のシーズン2が始まることとなりましたね。

刑事専門の弁護士たちが逆転不可能と言われる刑事事件に挑むドラマとなります。

そこで今回は、いま一番話題で気になる榮倉奈々はなぜ降板で出ないのなについてなど詳しくご紹介したいと思います!


榮倉奈々のプロフィールとは

・名前 榮倉奈々

・年齢 29歳

・生年月日 1988年2月12日

・身長 170センチ

・出身 鹿児島県

・夫 加来賢人

2002年、中学3年生のときに渋谷の「109」前でスカウトされ、芸能界入りしました。女性向けファッション誌『SEVENTEEN』の専属モデルとなります。

2004年、NHK総合のテレビドラマ『ジイジ〜孫といた夏』で女優としての活動を開始[5]。モデル事務所アデッソから、現在の所属事務所である研音に移籍します。

2006年、フジテレビのテレビドラマ『ダンドリ。〜Dance☆Drill〜』でドラマ初主演しました。

2007年、日刊スポーツ・ドラマグランプリ助演女優賞をドラマ『プロポーズ大作戦』(フジテレビ)で受賞しました。

2008年、NHK朝の連続テレビ小説『瞳』に主演しました。

2009年、「セブンティーン夏の学園祭」を以って、『SEVENTEEN』モデルの卒業が発表されました。

2010年、日本アカデミー賞新人俳優賞を映画『余命1ヶ月の花嫁』で受賞しました。

2011年、出演した『アントキノイノチ』がモントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門で、イノベーションアワードを受賞しました。

2016年8月7日、主演ドラマ『Nのために』(TBS)で共演した俳優の賀来賢人と1年の交際を経て、結婚したことを所属事務所を通して発表しました。婚姻届は東京都内の区役所に代理人を通じて提出しました。

2017年3月14日、夫の賀来との間に第1子を妊娠していることが明らかとなり、妊娠5か月で同年夏に出産予定とされました。

翌3月15日、所属事務所を通して第1子妊娠を報告、その後の活動については体調と相談しながら進めていくこととしました。同年6月12日に第1子を出産したことを2日後の6月14日に報告、性別や名前等は明かしていません。

特技は三味線(藤本流準師範)、民謡(名取り)だそうです。

中学時代は、演劇部に所属していました。

怪獣映画が好きで、雑誌「SEVENTEEN」のインタビュー[要文献特定詳細情報]で、“感動した映画”として、『私の頭の中の消しゴム』と共に『キング・コング』を挙げています。

また、『ゴジラ』シリーズのファンであることも述べました。『余命1ヶ月の花嫁』で一緒した廣木隆一監督作『ヴァイブレータ』もお気に入りであります。

視力が悪く、コンタクトレンズを装用しています。

好きな食べ物は、ベーグルとマンゴー、アボカド。嫌いな食べ物は、貝だそうです。

漫画『ONE PIECE』が大好きで、コミックスも所有しています。

得意な物真似はマリオのジャンプ音。鼻を抓んで引っ張り、離す時に「プン」と音を鳴らします。2009年5月3日放送の『おしゃれイズム』で披露しました。この時、他にドラえもんやピカチュウの声真似も披露しています。

元々はスポーツなどの運動は好きではありませんでしたが、映画『図書館戦争』でのアクションのため、半年ほど訓練を受けたことがきっかけで好きになりました。

榮倉奈々さんが99.9を降板の理由とは

さてそんな榮倉さんですが実は新ドラマ「99.9 刑事専門弁護士シーズン2」においてヒロイン降板という事態になったわけなのです。

ヒロインが変わるにはそこに何かしらの理由があるのだと思いますが、いったいどんな理由なのか気になりますよね。

もし演技が下手だった場合、この99.9は、かなり人気のドラマで高視聴率も取れていたのでそれで変えた可能性もございます。

しかし榮倉奈々さんは長年ドラマの役を演じているのでそれは考えられにくいですね。

となると考えられる要素は、一つあるとすればお腹の赤ちゃんの事が影響しているかもしれないですね。

榮倉さん賀来さんと結婚してすでに妊娠もしております。

でこの出産の時期が2017年の7月下旬から8月ごろだと言われておりますので、その撮影が始まる時期と彼女の出産の時期が重なる可能性がありますね。

また出産直後は赤ちゃんのそばにいる必要もございますし、母親の体も整うのに時間がかかるわけですので、となると必然的にドラマの出演は休まなければいけない状態になりますね。

色々不仲説や、事務所の関係といった問題も噂されるのかもですが一番の理由はコレだと思われますよ。

今は事務所の事や仕事の事を忘れてぜひ出産や育児に力を注いでもらえたらなと思いますね。


99.9のヒロインが交代?批判の声もあるのか?!

嵐・松本潤さん(33)が主演で、昨年4月期に放送されたTBSドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系 日曜21時)の続編が、来年1月期に『99.9-刑事専門弁護士-SEASON II』として放送されることが明らかになった!

シーズン1では榮倉奈々さん(29)がヒロインを演じておりましたが、現在第1子を妊娠中で夏に出産を予定していめ、続編のシーズン2では木村文乃さん(29)が新ヒロインに起用されております。

ちなみに、松本潤さんと木村文乃さんはドラマ初共演となる。

嵐・松本潤さん(33)が主演で、昨年4月期に放送されたTBSドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系 日曜21時)の続編が、来年1月期に『99.9-刑事専門弁護士-SEASON II』として放送されることが明らかとなりましたね。

シーズン1では榮倉奈々さん(29)がヒロインを演じておりましたが、現在第1子を妊娠中で夏に出産を予定していて、続編のシーズン2では木村文乃さん(29)が新ヒロインに起用されております。

ちなみに、松本潤さんと木村文乃さんはドラマ初共演となるのです。

その後も、ほぼ15%超えの好視聴率をキープし、全10話の期間平均視聴率は17.2%と同クールでトップのヒット作品となっております。

TBS系ドラマでシリーズ化されるのは、大沢たかおさんが主演を務めた『JIN-仁-』(2009年10月期、2011年4月期放送)以来で、1956年から60年以上放送されている「日曜劇場」枠の作品としては、意外にも『JIN-仁-』に続いて2作品目のシリーズ化となっております。

来年1月期に放送される続編・シーズン2は、主人公・深山大翔(みやま・ひろと)演じる松本潤さん、ヒロインの木村文乃さんのほかに、シーズン1から引き続き、深山とチームを組む敏腕弁護士・佐田篤弘役で香川照之さんも出演することが決定しております。

新ヒロインを務める木村文乃さんは、元裁判官の弁護士・尾崎舞子を演じ、東京大学法学部を卒業し裁判官となり、刑事裁判担当としてキャリアを重ねていたものの、ある事件がきっかけで裁判官を退官したという過去を持っております。

退官後は司法の世界から距離を置いていたものの、親友の弁護以来の付き添いで、深山らが所属する「斑目法律事務所」を訪れ、深山と対立することとなるのです。

その一方で、優秀な経歴を持つ舞子に佐田は、チームの新戦力として舞子を勧誘し、最初は難色を示していたものの、弁護士として司法の世界に戻ることを決意してチームの一員になるという展開になっております。

そして、続編の放送決定に対してネット上では、面白いドラマだっただけに嬉しいような、失敗して評価を下げてほしくないような…。複雑な気持ちな方が多いようです。

最近のお約束と化しているジャニーズと木村文乃のセット共演です。

・榮倉が出ないということは、プロレス関連ネタもなくなるのかなと思われますね。

楽しみではありますね。この番組は面白い。でも木村文乃が残念。木村文乃嫌い。榮倉奈々ちゃんの方が良かった。

・榮倉奈々は妊娠してるから出ないの?チョット残念…。

・ジャニーズドラマ=木村文乃になっている
榮倉さんが復帰してから season2をして欲しかったよ〜何故待てないの?結構 彼女 合ってて好きだったのに残念です

などのコメントがありました。

高い人気を得ていた作品だけに、続編の放送を喜ぶ声は多いようなのですが、シーズン2で木村文乃さんがヒロインを演じることに対して不満の声が多く上がっております。

木村文乃さんはジャニーズタレントと共演することが多い女優で、2015年1月期には草彅剛さん主演の『銭の戦争』(フジテレビ系)、今年1月期には木村拓哉さん主演の『A LIFE〜愛しき人〜』、4月期にはKAT-TUN・亀梨和也さん主演の『ボク、運命の人です』に出演するなどと、ジャニーズ事務所御用達女優ということから、榮倉奈々さんの後任としてヒロインに抜擢されたのかもですね。

ヒロインの交代は珍しいことではなく、木村拓哉さんが主演の人気ドラマ『HERO』(フジテレビ系)も、シーズン1では松たか子さんがヒロインを演じていたものの、シーズン2では北川景子さんにチェンジしておりましたね。

この交代は視聴者の間で物議を醸してましたが、続編の内容を評価する声も上がっていて、ヒロインの交代によって新たな別の魅力を生み出す可能性もございます。

現時点ではネット上でヒロインの交代に対して否定的な声が上がってはおりますが、どうなるかは放送が始まってみないと分かりませんので、とりあえず『99.9』シーズン2の第1話が放送後に視聴者からどのような反応が上がるのか、視聴率はどれほど獲得できるのかに注目したいものですね。

99.9シーズン2の木村文乃が演じる尾崎舞子の役柄とは

東京大学法学部出身です。

元裁判官の弁護士。東京大学法学部在学中に司法試験に合格し、司法修習を経て裁判官に任官となります。

刑事裁判の担当としてキャリアを重ねていましたが、ある事件がきっかけで裁判官を退官です。

退官後は司法の世界から距離を置いておりましたが、ある日親友の弁護依頼の付き添いでやってきた斑目法律事務所で、状況証拠から有罪は免れない事件でも0.1%の事実を追求する深山と対立します。


99.9シーズン2のあらすじとは

個性的な刑事専門弁護士たちが、ぶつかり合いながらも逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいく新感覚の痛快リーガル・エンターテインメントドラマとなります。

タイトルの「99.9」は、日本の刑事事件における裁判有罪率(起訴された際に裁判で有罪になる確率)を示しています。

世界一の有罪率を誇っていて、日本の司法制度の高い信頼性の証明ともいえますが、そこには大きな落とし穴が隠されています。

一旦起訴されると検察の考えたストーリーが正しいと鵜呑みにされがちなのです。

さらに、刑事事件を専門に扱う弁護士の数も極端に少ないため、丁寧に検証することは極めて困難となってしまいます。

しかし、たとえ99.9%有罪が確定している事件でも、残り0.1%が確定しない限り、それは本当の意味で“事実”に辿り着いたことにはなりません。

本ドラマは、最後の0.1%まで諦めず事実を追い求めていく弁護士たちの姿を描いた物語であす。

シーズン2では前作同様、ぶつかり合いながらも依頼された事件に隠された事実を暴いていきます。

また、深山が刑事専門弁護士を志望するきっかけとなっており、SEASON Iで事実を明らかにすることが出来なかった26年前の事件の行方にも注目となります!

さらに元裁判官の弁護士・尾崎舞子が新たに登場します。

舞子は東京大学法学部在学中に司法試験に合格し、司法修習を経て裁判官に任官です。刑事裁判の担当としてキャリアを重ねていましたが、ある事件がきっかけで裁判官を退官することになります。

退官後は司法の世界から距離を置いていましたが、ある日親友の弁護依頼の付き添いでやってきた斑目法律事務所で、状況証拠から有罪は免れない事件でも0.1%の事実を追求する深山と対立します。

一方、舞子の優秀な経歴を知った佐田は、新たな戦力として舞子を勧誘します。最初は難色を示す舞子でしたが、深山とぶつかり合う中で、やがて弁護士として法の世界に戻ってくることを決意し、チーム斑目の一員となりります

そんな彼女が、裁判官を退官するきっかけとなったある事件の裏には、元上司にあたるエリート裁判官の存在がありました。

その事件とは? そして、チーム斑目は、いずれこの男と対峙することになるが、その戦いの行方どうなるか?

楽しみですね!

99.9 榮倉奈々 降板で出ないの?についてでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。