アンナチュラルのロケ地や撮影場所はどこ?石原さとみを発見?

アンナチュラルのロケ地や撮影場所はどこ?石原さとみを発見?

2018年1月12日(金)22時からTBS系列で毎週金曜22時から放送されることが決まっています冬ドラマ『アンナチュラル』。

野木亜紀子脚本のオリジナルドラマでして、石原さとみ主演、井浦新、窪田正孝、市川実日子、松重豊ら豪華キャストが出演することで話題となっております!

そこで今回は、アンナチュラルのロケ地&撮影場所はどこなのか?アンナチュラルについて詳しくご紹介したいと思います。


ドラマ アンナチュラルの基本情報とは

放送日時:毎週金曜よる10時

放送開始日:2018年1月12日(金) 初回15分拡大!

脚本:野木亜紀子(『逃げるは恥だが役に立つ』『重版出来!』『空飛ぶ広報室』ほか)

プロデューサー:新井順子(ドリマックス・テレビジョン)(『リバース』『Nのために』『夜行観覧車』ほか)、植田博樹(TBSテレビ)

演出:塚原あゆ子

製作:ドリマックス・テレビジョン、TBS

放送局:TBS系

メイン舞台の撮影場所はどこなのか?

ドラマのあらすじや登場人物のキャラクター設定から、次の場所がメイン舞台になると思われます。

・不自然死究明研究所(UDIラボ)のロケ地→判明?

・三澄ミコト(石原さとみ)が暮らす家(マンション?)のロケ地

・久部六郎(窪田正孝)が通う三流医大のロケ地

とくに、不自然死究明研究所(UDIラボ)はドラマに毎回登場するメイン舞台になると思われます。

どこかの大学が使われるのでしょうか?もしくは企業の研究所や工場などが使われるのでしょうか?

とても楽しみですよね。


ロケ地&撮影場所となっているところを詳しく説明!

不自然死究明研究所(UDIラボ)の外観ロケ地は清瀬の大林組技術研究所?

東京都清瀬市にある大林組 技術研究所となりまふ。ゼネコンの㈱大林組の技術研究所として知られております。10月1日にこの近くで石原さとみがロケをしていたという目撃情報がございました。

もしかしたらなのですが、舞台となる不自然死究明研究所(UDIラボ)の外観はここが撮影地になっている可能性がございます。(もちろん、内部はスタジオだと思いますが)まだ判明しておりませんので詳しくでるまで待ちましょう。

大林組 技術研究所の住所:東京都清瀬市下清戸4-640

横浜市青葉区たちばな台の中華「宝」

神奈川県横浜市青葉区たちばな台にある中華料理店「中華 宝」です。

東急田園都市線青葉台駅から徒歩15分程度の場所にござきます。

9月16日にここで石原さとみが撮影をしていたという目撃情報がございました。

9月16日にエキストラを募集していたので間違いないと思われます。

中華 宝の住所:神奈川県横浜市青葉区たちばな台2-13-7綾部ビル 1F

おでん居酒屋「こんぶや西麻布」

地下鉄広尾駅と六本木駅の間にあるおでん屋「こんぶや西麻布」です。

『アンナチュラル』の公式ツイッターのツイートから、9月17日にここで窪田正孝が撮影をしていたことがわかっております。エキストラを募集していた居酒屋シーンのロケ地になったということだと思います。

こんぶや西麻布の住所:東京都港区西麻布4-10-5ネクスト西麻布 B1F

オーケーディスカウントセンター西府店

JR南武線西府駅北口駅前にあるオーケーディスカウントストア西府店です。10月9日にここで石原さとみと窪田正孝が撮影をしていたという目撃情報がありました。

オーケーディスカウントストア西府店の住所:東京都府中市本宿町1-45-6

道の駅「三芳村」鄙の里

千葉県南房総市にある道の駅「三芳村」鄙の里です。10月17日にここで石原さとみと窪田正孝が撮影をしていたという目撃情報がございました。

道の駅「三芳村」鄙の里の住所:千葉県南房総市川田82-2

多摩センターのパルテノン大通り

小田急線・京王線多摩センター駅中央口から南に通るパルテノン大通りです。多摩センターの中心エリア。

10月23日にパルテノン大通り沿いで石原さとみと窪田正孝が撮影をしていたという目撃情報がございました。

目撃情報の写真からパルテノン多摩とココリア多摩センターの間にある陸橋辺りで撮影していたことが判明します。

パルテノン大通りの住所:東京都多摩市落合1-45

横浜市都筑区のバイク屋「デルタ/モトガレージ ネスト」

横浜市都筑区牛久保にあるバイク屋「デルタ/モトガレージ ネスト」です。10月27日にここで石原さとみと窪田正孝が撮影をしていたという目撃情報がございました。

目撃者の証言からデルタ/モトガレージ ネストということがわかっております。

デルタ/モトガレージ ネストの住所:神奈川県横浜市都筑区牛久保3-12-5

登戸駅前

小田急線とJR南武線が停車する登戸駅です。11月11日に登戸駅前で石原さとみと窪田正孝が撮影をしていたという目撃情報がございました。

登戸駅の住所:神奈川県川崎市多摩区登戸3435

ドラマ アンナチュラルのあらすじ

主人公・ミコトの職業は、死因究明のスペシャリストである解剖医です。

彼女が許せないことは、「不自然な死(アンナチュラル・デス)」を放置することです。不自然な死の裏側には、必ず突き止めるべき真実があります。偽装殺人・医療ミス・未知の症例…。

しかし日本においては、不自然死のほとんどは解剖されることなく荼毘に付されています。その現実に、彼女は個性豊かなメンバーと共に立ち向かうことになります。

このドラマは、新設された「不自然死究明研究所(UDIラボ)」で働く人々の人間ドラマを中心に描きながら、毎回さまざまな「死」を扱いながらも、スピード感と爽快感を持って、「死」の裏側にある謎や事件を明るくスリリングに解明していく、一話完結型の法医学ミステリーであります。

全体のテーマは、「死と向き合うことによって、現実の世界を変えていく」です。

「死因」を見つけることによって、今を生きる人々の命を救ったり、社会制度を変えることで未来の危機を回避し、少しでもより良い世界に変えていけたらな…。

彼らは一見、特殊な世界に身をおく人々だが、普通の人と変わらない日常を持っています。

恋に悩み、家族関係に苦しみ、合コンにも行けば、おいしい食事も食べるます。

時にケンカをし、友情を育みます。感情を抑えて仕事をしようと思いながらも、遺族に共鳴し涙してしまうこともあります…。そんな天才でも変人でもない、普通の人々である彼らの姿を丁寧に描いていきます。


ドラマ アンナチュラルの見どころとは

石原さとみがTBS連続ドラマ初主演します。

昨年大ブームを巻き起こしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子とタッグを組み、オリジナル脚本でTBS連ドラ初主演作に挑みます。

制作は、湊かなえ作品『リバース』『Nのために』『夜行観覧車』(いずれもTBS)のドラマ化を手がけた新井順子プロデューサー、同じく湊作品のドラマで演出を担当した塚原あゆ子など、今ノリに乗っている女性スタッフたちを中心に一話完結の法医学ミステリーです。

キャストも豪華メンバーが集結します。

UDIラボの法医解剖医・中堂系役に、俳優のみならずアートの分野でも活躍するなど柔と剛を併せ持つ井浦新です。

記録員・久部六郎役に、話題作に数多く出演し幅広い役柄をこなす窪田正孝です。

臨床検査技師・東海林夕子役に、独特の存在感で映画やテレビで活躍し、柔軟な芝居が魅力の市川実日子です。

そしてUDIラボの所長・神倉保夫役には、日本を代表するバイプレイヤーのひとりである松重豊です。

石原さとみさんが主演ってだけでも見どころですよね!楽しみで仕方ありませんね!

アンナチュラルのロケ地や撮影場所はどこ?石原さとみを発見?についてでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。