陸王 フェリックスのモデルとは?

陸王 フェリックスのモデルとは?

このドラマにアメリカのアパレル企業「フェリックス(felix)」が登場します。

原作にも出てくるこの企業「フェリックス」。今後のこはぜ屋に大きな影響をもたらします。

そこで今回は、陸王フェリックスについてご紹介します。


陸王でフェリックスとは?社長はどんな人物?

ドラマで解説のあったフェリックスをご紹介!

2007年創業。

あらゆるアウトドア用品を手掛けたトップブランドの1つに急成長した世界的アウトドア用品メーカー。

原作でも「アメリカに本社を置くアパレルメーカーで、アウトドア関係の同名ブランドを展開している新興企業」

となっております。原作通りの設定となりますね。

ちなみに社長は御園丈治(みそのじょうじ)で日本人となります。

宮沢よりも5歳若く、まだ40代という若さです!

もともとは日本の大学を卒業した後、ニューヨークに本社にあるアパレル企業に就職しました。

その後、自分で「ジャニス」という会社を起業しました。

「ジャニス」はデザイナーである妻と一緒に立ち上げた、妻がデザインしたバックを製造販売する会社でした。

ちなみにジャニスは奥さんの名前です。

しかし、経営はうまくいかず、おまけに、事故で奥さんも亡くなってしまい、奥さんと一緒に会社や財産など全てを失う悲劇が起こります。

一度どん底を経験している御園です。

しかし、その後、御園は0からのスタートで「フェリックス」を立ち上げ成功をおさめるのです。

そう、一度失敗を経験している、苦労人という設定となります。

ちなみに亡くなった奥さんの事故はハリケーンによるもので、そのハリケーンが「フェリックス」という名前だったのです。

その奥さんを殺しただろうハリケーンの名前を会社名にしたという衝撃なエピソード、ドラマでも出てくるのか楽しみですね!

ちなみにこの社長役は松岡修造さんが演じております。

松岡修造さんのプロフィールとは

名前 松岡修造(まつおか しゅうぞう)
生年月日 1967年11月6日

出身地 東京都
身長 188cm

体重 85kg
プレイ 右利き(両手バックハンド)

松岡修造さんといえばやっぱりテニスプレーヤーとしての存在が大きいのではないかと思われます。

あの錦織圭選手を小さい頃に指導したことでも有名ですね。

そんな松岡修造さんなのですが、すごい家に生まれているのを知っていましたか?

曽祖父は阪急電鉄や宝塚歌劇団などの創始者である小林一三さんなのです。

小林一三さんといえば、NHK連ドラ「わろてんか」で高橋一生さんが演じる伊能栞のモデルといわれる人物!

ドラマのモデルになるような人が曽祖父なんて、想像もつかない家にお生まれになっています。

そしてお父さんもすごい!東宝の社長、そして名誉会長などもしていた松岡功さんとなります。

その父親が若い頃テニスプレーヤーであったためか、松岡修造さんの兄弟みんなテニスをしております。

さらにさらにお母さんはなんと宝塚の男役トップスターだった千波靜さんなのです!

やんちゃ坊主で出来が悪かったという子供時代だったようですが、アメリカに渡り名門のテニスクラブでレッスンを受けるようになり、メキメキと上達していったのです。

そして1995年、ウィンブルドンでベスト8入りを果たすことに!

世界に通用する男子日本人プレーヤーとして知られるようになり、オリンピックにも3大会連続で出場しております。

引退したのは1998年となります。

まだ30歳という若さだったのですが、その後は後継者の育成に熱心に取り組んでおります。


松岡修造の娘や嫁とは

結婚は1998年、現役を引退した年にされました。

お相手はテレビ東京の元女子アナでハーバード大学を出ている2歳年上の田口恵美子さんとなります。

そしてお二人には1男2女、3人の子供がいます。

長女の恵さん、長男の修さん、そして次女の笑美さんで、長女の恵さんは松岡修造さんのお母さんと同じ宝塚に合格、かなり話題となりましたね。

母親の影響で幼い頃から宝塚を観劇していた松岡修造さんなのですが、娘が合格したことについてこのように語っておりました。

父親として心から嬉しく思います。僕を含め沢山の人に元気と幸せを与えてくれる場所だと思っております。

宝塚歌劇団は、人を応援できる力がある。娘には、創始者である小林一三さんのお言葉、『清く、正しく、美しく、朗らかに』を心に日々邁進してほしいと願っております。

最初は「コネ」疑惑もあったようなのですが、実は一度不合格になっているみたいですね。

二度目の挑戦だったということで、この疑惑はきれいに晴れましたね。

本当にきれいな方です!

陸王でフェリックスのモデル企業とは

調べてみましたが、フェリックスは特にモデルなどなくオリジナルみたいです。

アメリカの企業で、日本人が創業のアウトドアメーカーです。

かなりピンポイントで、似ている企業を探すのも難しいと思われますね。

ちなみにモデルではないのですが、以下のツイートを発見しました!

・飯山と宮沢に近付くアウトドアアパレルメーカー #FELIX社 全面的にバックアップしてくださってるのは #モンベル さんなんです。色んな商品をお貸しくださりありがとうございます

大手アウトレット総合ブランドの「モンベル(mont-bell)」が協賛しているようですね。

さすがの人気ドラマですね。

ちなみにモンベルは日本のアウトドア総合メーカーで本社は大阪となります。

フェリックスは外資なので、モデルとは言えないでしょうね。


陸王で原作小説のネタバレと結末とは

ニューイヤー駅伝で竹内涼真さん演じる茂木が「RⅡ」でなくこはぜ屋の「陸王」を履いたことにより、こはぜ屋は喜びに包まれますが、アトランティスの嫌がらせが始まり、こばせ屋はピンチに直面する。

アッパー素材を取引していた会社「タチバナラッセル」がアトランティスが手を回した結果、アッパー素材を供給してもらえないことになる。

ここまではドラマと同じ展開です。

以降、原作のネタバレとなります。

また追い打ちを掛けるように、飯山が持ってきたシルクレイを製造する機械が壊れてしまう。

なんと少なくとも1億円の借金が必要になる。

このことから「陸王」の製造が停止の危機に直面する。

その話を聞いて茂木も落胆する。そんな危機を迎えた宮沢に対して、元銀行員で現在は投資会社で働く坂本が「会社を売却する」ことを提案する。

会社を売ると言っても、全部を手放すことではないと宮沢に説明する坂本。

宮沢がいわゆる雇われ社長になるような感じ。

もちろん嫌がる宮沢に、現状を打破するためにはこの方法しかないと言う坂本。

というのも、坂本が就職した投資会社にこはぜ屋を買いたいというとある会社からの申し出があったのだった。

そのこはぜ屋を買いたいという会社はアメリカのアパレルブランド「フェリックス」のこと。「陸王」の商品としての価値に目を付けた社長で日本人の御園丈治が、熱望しているということです。

最初こばせ屋を売ることで、商品を「こばせ屋」の名前で販売することはできなくなる条件を提示した。

いわゆる「こはぜ屋」ののれんがなくなってしまうことを意味する。

迷ったあげく、宮沢はこの契約の申し出を断わりますが「フェリックス」は3億円という資金を「こはぜ屋」に投資して、5年以内に返済できなければ「こばせ屋」の名前での販売ができなくなる条件を新たに提示する。いわゆる吸収合併のようなもの。

しかし、5年以内に返済できれば、普通に投資してもらえるということです。

それだけ「こはぜ屋」が魅力的だということだった。

そして宮沢は更に迷った挙句その申し出を受けることになるのです!

これからの陸王がとっても楽しみですね!

陸王 フェリックス モデルとはについてでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。