陸王 茂木のモデルはいるのか?

陸王 茂木のモデルはいるのか?

陸王の中でも人気な俳優といえば、茂木役の竹内涼真さんではないかと思われます。

今流行りの俳優さんですよね。また竹内涼真さんが演じている茂木さんのモデルはいるのか?気になる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、茂木のモデルについてや竹内涼真さんについてご紹介していきたいと思います。


茂木裕人とは誰か?

「陸王」でひときわ目立っている茂木裕人(竹内涼真)。

主演は竹内涼真さんだと勘違いしている人もいるみたいですね。

茂木裕人(竹内涼真)は元々野球少年だったのです。甲子園を目指していたのですが、無理な練習で肘を痛めてしまい夢は断たれるのです。そんなとき、肘がダメでも出来る走ることを始めたのとのこと。

練習の努力は大学で花咲きます。箱根駅伝で注目を集めることとなった。

その後、大学を卒業した茂木裕人(竹内涼真)はダイワ食品の陸上部に所属するのです。将来有望の選手だったのですが、国際マラソンで膝を痛めてしまったようです。

ケガの原因は茂木裕人(竹内涼真)の走法となります。フォームの改善に励むことになるのです。

そんな時に出会ったのが、こはぜ屋のランニングシューズ、陸王!

こはぜ屋にとっても茂木裕人(竹内涼真)にとっても、この出会いは転機となるという感じですね。

陸王 ダイワ食品の茂木裕人のモデルについて

池井戸潤は山崎豊子も実在のモデルの特定が難しいのですが、ダイワ食品の茂木裕人は「ヱスビー食品」の瀬古利彦だと推定します。

陸王に登場する茂木裕人は、「ダイワ食品の陸上部」「駅伝で活躍」「1万メートルが得意」「怪我から復帰して活躍」「アトランティスの村野尊彦のサポートを受ける」などのキーワードがあります。

一方、実在の瀬古利彦も、「ヱスビー食品の陸上部」「駅伝で活躍」「1万メートル日本記録」「怪我から復帰して活躍」「アシックスの三村仁司のサポートを受ける」というキーワードが一致するので、茂木裕人の実在のモデルは瀬古利彦で間違いないと思います。

瀬古利彦は三重県桑名市の出身で、最初はプロ野球選手を目指して野球をやっていましたが、肩を故障したため、中学生の時に陸上に転向しました。

瀬古利彦は、中学・高校時代に陸上で活躍して、方々の大学から推薦の話しがありましたが、一浪して早稲田大学に入り、早稲田大学の中村清監督からマラソンをやるように言われ、マラソンを開始します。

こうして、瀬古利彦は箱根駅伝やマラソン大会で活躍して、ライバルの宗兄弟と激闘を繰り広げ、早稲田大学を卒業後は「ヱスビー食品」に入社しました。

瀬古利彦は昭和55年(1980年)のモスクワ・オリンピックでメダル確実と言われていましたが、ソ連がアフガニスタンに侵攻したことから、日本はモスクワオリンピックをボイコットしたため、瀬古利彦はモスクワ・オリンピックに出場できませんでした。

瀬古利彦は4年後を目指して大会に出場して実績を上げていましたが、調整のために行ったヨーロッパ遠征で、ノルウェーの公園で日光浴をしていた全裸の女性に気を取られて足を捻挫してしまいます。

この捻挫が発端となり、足の故障や膝の故障へと連鎖してしまい、1年10ヶ月という長期離脱を余儀なくされました。

瀬古利彦は長期離脱中も練習を続けていて、故障から1年10月後の昭和58年(1983年)2月の東京国際マラソンに出場し、日本最高記録の2時間8分38秒で優勝して、見事に復活を遂げたのであります。

その後も瀬古利彦は順調に活躍し、ロサンゼルス・オリンピックへの出場を決め、金メダル間違いなしと言われていました。

しかし、瀬古利彦は練習のし過ぎで絶不調に陥り、血尿を出し、最悪の状態でロサンゼルス・オリンピックを迎えました。

瀬古利彦のシューズをサポートしていたアシックスの三村仁司(陸王に登場する村野尊彦のモデル)は、シューズの甲の部分をポリエステルに変更したランニングシューズを開発していて、瀬古利彦の別注シューズも用意していました。

しかし、絶不調に陥った瀬古利彦は「綿のシューズを履いて負けた事が無い」と縁起を担ぎ、アシックスの三村仁司が開発したランニングシューズを履かず、従来の綿のランニングシューズを履いてロサンゼルス・オリンピックに出場しました。

結局、瀬古利彦は絶不調で本番を迎え、ロサンゼルス・オリンピックは14位に終わったのでありました。

ロサンゼルス・オリンピックの後、瀬古利彦はマラソンからの引退を考えていましたが、ライバル中山竹通の過激な挑発により、マラソンに復帰し、数々の大会で優勝を果たして輝かしい成績を残し、世界一のマラソン選手として認められました。

しかし、瀬古利彦は、昭和63年(1988年)のソウル・オリンピックも9位に終わり、2度のオリンピックでは成績を残せず、ソウル・オリンピックの後に引退しました。


ドラマ「陸王」茂木裕人役の竹内涼真さんとは

竹内涼真は1993年4月26日生まれで現在24歳の俳優です。

「東京モーターショー2013」のミニドラマ「車家の人々」で俳優デビューを果たす!

「東京モーターショー2013」ではいろいろなPRをしているのですが、デビュー当時から体当たりな活動が多く、「イケメンだけど変顔でも何でもやるスタイル」はこのときから今も変わっておりません。

こちらの動画は「東京モーターショー2013」のプロモーションで行った(やらされた)モノマネ43連発します。

地味に「鶏」のモノマネのクオリティが高くて歌も上手いのです!

2014年には俳優の登竜門とも言えるシリーズ作「仮面ライダードライブ」のオーディションに見事合格し、主演の泊進ノ介を演じております。

オーディションの当選した理由は、「演技力よりも、人から聞いて吸収する力と、それを発揮する力」であったことより、成長することに長けていることが分かりますね。

余談ですが、「仮面ライダードライブ」は内田理央、稲葉友、馬場ふみかなど、現在活動の幅を広げている役者が多かったりもします。

2015年には「陸王」の池井戸潤及びスタッフが制作したドラマ「下町ロケット」にもレギュラー出演していて、立花洋介を演じておりました。

「下町ロケット」は視聴率が18.6%と大ヒットしており、当時放送していた相棒シリーズの視聴率を超えるほどの人気がございました。

そして、次に竹内涼真の知名度をさらに上げることになったのが「THE LAST COP/ラストコップ」のシーズン2となります。

唐沢寿明と窪田正孝によるダブル主演のハチャメチャな刑事コメディドラマで、第2シーズンから窪田正孝の親友兼ライバルとして竹内涼真が藤木直人とコンビを組んで登場しました。

もちろん、このぶっ飛んだドラマでの竹内涼真の扱いは良い意味で酷く、竹内涼真演じる若山省吾のあだ名はなんと「キモ山」!

“リフティングコマネチ”というマニアックなネタまで披露する体当たりイケメンに、男性も彼を憎めないのです。

他にも映画では「青空エール」「帝一の國」、ドラマでは「ひよっこ」「過保護のカホコ」と、出演するたびほとんどが”竹内涼真の代表作”と言えるものばかりとなっておりますね。

ドラマ「ひよっこ」で一時的に登場しなくなったとき、”島谷ロス”になってしまい「過保護のカホコ」を食い入るように見ていたファンも多いのではないでしょうか!

こうして、2017年秋にはドラマ「陸王」に出演することとなりました。

ドラマで滅多に登場しない役所広司との共演はかなり貴重であり、なおかつ竹内涼真はキーパーソンの役どころです。

ドラマ「下町ロケット」で仕事を共にしたスタッフたちと、どのように物語を作っていくのか見どころとなっております!

ドラマ「陸王」茂木裕人の役柄を原作から紹介!

ドラマ「陸王」で竹内涼真が演じるのは、怪我から再起をかけるダイワ食品のマラソンランナー・茂木裕人となります。

原作小説「陸王」からキャラクターを説明しますと、茂木はライバルの毛塚に勝ちたい思いを秘めておりダイワ食品でランナーを続けながら左足の怪我に苦しむのです。

走法を変えなければ怪我を繰り返す恐れのあった茂木はシューフィッターの村野を通して、ランニングシューズ「陸王」と出会う。

こはぜ屋の前に立ちはだかるスポーツメーカーブランドの大企業・アトランティスのランニングシューズ「RⅡ」を選ぶのでしょうか、ランニングシューズ「陸王」を選ぶのでしょうか…再起をかける茂木は選択をせまられることになるのです!

竹内涼真は、茂木を演じるために4ヶ月間という短い時間で食事制限、ランニングのトレーニング、ランニングフォームの改善をストイックに行っております。

本人は茂木を演じるにあたり「スポーツ選手の役はわかる人にはバレてしまうので、技術的な部分を突き詰めてマラソンをやっている人にも満足できるように演じたい。」と語っておりました!


まとめ

ドラマ「陸王」に出演する竹内涼真の経歴や演技力、茂木裕人の役柄についてなどをご紹介させていただきました。

池井戸潤の作品には2度目の出演となるのです、前以上に重要な役回りとなっております!

茂木は心情的にも複雑なキャラクターなのですが、おそらく竹内涼真はうまくハマると思われますよ!

また、演技派の共演者に囲まれることになりますが、存在感は抜群なので活躍は間違いないことでしょう!

高視聴率に期待しましょう。

陸王 茂木のモデルはいるのか?についてでした。



見逃した"あの"ドラマを高画質で視聴するなら

スマホ・タブレット・パソコンさえ持っていれば、いつでもどこでも、ドラマが見れる動画配信サービスがあります。お試しキャンペーン期間中は、期間以内に解約すれば一切お金はかかりません。

デイリーモーションやパンドラなどにアップロードされているドラマは違法動画ですのでご注意ください。ココでは、安全で高画質な公式動画サービスだけをお届けしています。

フジテレビ系のドラマを見るなら、『FOD(フジテレビオンデマンド)』

●民衆の敵
●刑事ゆがみ
●ラブホの上野さん Season1〜2
●イタズラなKiss〜Miss in Kiss
●コードブルー Season1〜3
●ウツボカズラの夢
●昼顔
●ラストシンデレラ
●明日の約束(ポイント)などなど

日テレドラマをメインで見るなら!『Hulu』

●奥様は、取り扱い注意
●今からあなたを脅迫します
●先に生まれただけの僕
●愛してたって、秘密はある。
●わにとかげぎす
●ブラックリベンジ
●過保護のカホコ
●ウチの夫は仕事ができない などなど

最も作品が豊富な『U-NEXT』

ポイントが必要な作品もあります。今なら初回特典で600ポイントが付いてきます。

●陸王(324ポイント)
●コウノドリ(324ポイント)
●監獄のお姫さま(324ポイント)
●ドクターXシリーズ(324ポイント)
●黒革の手帖(324ポイント)
●この声をきみに(216ポイント)
●わろてんか(108ポイント)
●ひよっこ(108ポイント)
●君の名は。(540ポイント) などなど

ぜひ、この方法で、見逃したドラマを楽しんでくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。