民衆の敵 安倍晋三総理を叩いている?批判殺到の理由とは

民衆の敵 安倍晋三総理を叩いている?批判殺到の理由とは

10月23日からスタートした篠原涼子主演の月9ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」(フジテレビ系)の視聴率が、9%だったそうです!

月9のドラマは「プロ野球クライマックスシリーズ」の中継時間が延長となったため、30分遅れの開始となりました!

そんな、民衆の敵ですが開始そうそう批判が殺到しました!!!

一体どういうことなのか?詳しくご紹介していきたいと思います!


民衆の敵 安倍総理をバカにしたとは?そのせいで批判殺到した?

「前クールの『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~』(フジテレビ系)放送時は、高視聴率を記録していた月9枠なのですが、『民衆の敵』はその好調な流れを維持することができなかった。

今回は野球延長による低迷との見方があるものの、放送直前の9時26分の時点では、視聴率16.6%という高い数字をマークしていました。そのため、ドラマの内容を見て多くの視聴者が離れてしまったようです。

同ドラマは、篠原演じる平凡な主婦が、高額報酬を目的に市議会議員選挙に立候補するという物語です。また実際の衆院選直後の放送だったため、注目度は高いように思われましたが、視聴率には結びつきませんてました。

さらに、ドラマを見た視聴者から、ある演出に批判が殺到しているとのこと…。

今回、主人公が選挙で戦った相手に、磯部真蔵(いそべしんぞう)という、明らかに安倍晋三総理を意識したキャラクターが登場した。そして物語の終盤、その人物のもがき苦しむ様子が放送され、健康上の理由で退陣となりました。

結果、篠原演じる主人公が繰り上げ当選するのだ。安倍総理と言えば、前就任中に持病の潰瘍性大腸炎が悪化し退陣しているます。

それだけにこの展開が、安倍総理を意識しているとして、一部視聴者から『難病で辞任した安倍総理をバカにしているのか!?』『やり方が汚い。不愉快だ!』『フジは民衆の敵が安倍さんだと言いたいの?』と批判が殺到している。

フィクションのドラマとはいえ、実在の人物への悪意を想起させかねないキャラクターの描き方には、不快感を抱く視聴者が多かったようですね。

民衆の敵 批判となった第1話のネタバレあらすじとは《前編》

日本。そこには理不尽な世の中に嘆くたくさんの人たちの姿があります。しかし、この中に選挙に行ったことがある人はいません。

とある会社の苦情受付係として働く佐藤智子(篠原涼子)。マニュアル通りの対応ができない智子は、上司から『今度やったらやめてもらいますからね?』と釘を刺されてしまいます。

智子は夫の公平(田中圭)、息子の駿平(鳥越壮真)と団地に暮らすパート主婦。智子の家庭の家計は決して余裕があるわけではない。オムレツをステーキだと思って食べていると無邪気に笑う駿平の姿を見て、思わず智子はハッとしました。

デリヘル嬢・莉子(今田美桜)が1人の男の自宅にやってきました。アパートのドアを開けたのは、代々続く政治家一家の次男・藤堂誠(高橋一生)でした。

今日も智子は客からの苦情を処理しています。苦情主はパートをして必死に貯めたお金で子供のためにタブレットを買い、故障してしまって困っている自分と同じような境遇のパート主婦です。『わかりました!何とかしましょう!』智子は思わず言ってしまいました。

マニュアルにない対応を繰り返したことが原因で、智子は会社をクビになりました。一方、同じ日。夫の公平も雇い主の理不尽な対応に我慢が出来ずにバイト先をやめてしまっていたのでした。

夫婦ともに失職し、未来を案ずる智子と公平。『住むとこ無くなったら、栃木帰ろう?』という公平。しかし学校の校長を務める姑と智子の仲は良くはありません。

その時、テレビに政治活動費を不正に使ったという政治家が映し出されました。『給料950万ももらってるのに、何考えてるんだろうね?』とつぶやく公平。智子は市議会議員の給料の高さに驚きました。

智子がネット検索してみると、智子が暮らすあおば市の市議会議員の当選率は8割以上でした。『私が市議会議員になるのと、正社員になるのとどちらが確率が高いでしょうか?』瞳をキラキラさせながら公平に尋ねる智子。

正社員になるより確率が高く、高月給の市議会議員になれば、電動自転車や毎日ビールを飲む生活が夢ではないと智子は沸き立ちました。

藤堂のアパート。デリヘル嬢・莉子にどこか言葉の通じない遠くに行こうと提案した藤堂。しかし、莉子と過ごせる時間のリミットが来てしまった。莉子に藤堂は『しばらく会えなくなる』と伝えたのでした。

翌朝。公平は智子が本気で市議会議員になろうとしていることを知り、反対しだしました。『政治家ってやっぱり特別な人たちだと思うんだよね?』当選率8割はその特別な人たちの中での8割だという公平。一緒に駿平の保育園へ送って行った後に、ハローワークで地道に職を探そうということになりました。

しかし、智子が公平を押し切り、出馬に必要な供託金として貯金を切り崩します。50万円を引き出した佐藤家の銀行口座の残りは100円となりました。智子たちはその足で選挙管理委員会で立候補の手続きを済ませました。

まず手始めに、現市議会議員・磯部真蔵(笹野高史)の選挙演説を見学しに行った智子と公平。『嘘ばっかり・・・』隣で演説を聞いていた女性がつぶやきます。

その女性は駿平が通う保育園に娘を通わせ、新聞社に勤める元政治部記者・平田和美(石田ゆり子)でした。和美が言うには、磯田は待機児童を保留児童と言い換えることで、待機児童数を0にしたと公約達成をうたっているらしいです。

『言い方変えただけじゃん・・・私のほうがもっとやれますよね?』智子は和美に市議会議員選挙に立候補した旨を明かします。和美はまるで正気ではない人間をみるような顔つきで去って行ってしまいました。

その夜。和美がゴミ出しに出ると、そこには誰かが無責任に放置し、散乱したゴミが・・・和美はそのまま立ち去るが、直後、智子が自転車に乗って通りかかりました。『あー誰がこういうことするかな?』ゴミを片付けだした智子の姿を、和美が遠くから見ていました。

翌朝。智子は『佐藤ともこ』と書かれたタスキをして保育園に現れました。自転車には『幸せになろうね』のキャッチコピーが書かれた旗も。

『久々うけたんだけど』『駿ちゃんママって中卒らしいよ?』保育園のママ友に陰口を叩かれ、ネットには『金目当ての元風俗嬢』という書き込みがされました。

駿平を保育園に送り届けた智子と公平は選挙演説の場を探して、自転車で町中をめぐります。しかし、良さそうな場所では智子と議席を争う園田龍太郎(斎藤司)、岡本遼(千葉雄大)や小出未亜(前田敦子)らがすでに選挙演説をしていました。

ようやく駅前にて選挙演説を始めた智子。しかし、そこに突然現総理大臣を引き連れた藤堂の選挙カーが現れ、まるで智子のことなど目に入らないように総理と藤堂の演説が始まりました。

由緒ある政治家系に生まれ育ち、コロンビア大学を卒業したと総理が藤堂の紹介をし、藤堂がマイクを貰った瞬間、智子が突然割って入りました。『私は高校中退です!』


民衆の敵 批判となった第1話のネタバレあらすじとは《後編》

藤堂の演説に智子が割って入りました。『私は高校中退です!』両親がともに失踪し、17歳から必死に働いて、今は子供を育てていると語る智子。

子供はオムレツをステーキだと思って食べていると智子は語り、生まれた時点で、幸せになれる、なれないが決まっているのはおかしいと智子は主張します。

『時給950円の生活も知らないやつが日本の未来を語るな!幸せなふりはやめて、本当の、本当に幸せになりましょうよ!!』その場は静まり返りました。

そこに、藤堂が『佐藤候補のご健闘をお祈りしています。これからともに頑張っていきましょう!』と声を上げます。

観衆は大きな拍手を送ったが、それらの拍手が送られたのは藤堂であることに気づかず、智子は満面の笑顔。

突然、和美が娘の平田あかね(野澤しおり)とともに智子の自宅を訪れました。『応援させて!』

元政治記者の和美の手により、智子の選挙戦の戦略が立てられます。子育て世代の票を獲得するだけで、議員当選に必要な票数は足りることから、子育て世代をターゲットに選挙活動を進めていくことに決まりました。さらに和美の知り合いのキャリアウーマンママたちが応援に駆けつける。

『手伝ってくれてありがとね?政治記者って忙しいんでしょ?』和美にお礼を言った智子。出産を機に、閑職に移動させられ、実は今政治記者ではないことを和美は明かしました。

しょうがないと自分をごまかして生きていたが、智子の演説を聞き、応援したいと思ったと和美は言います。『みんな期待してるのよ?あなたに・・・』

議会のドン・犬崎和久(古田新太)の事務所。智子に追い立てられている現市議会議員・磯部を叱責する犬崎。『どんな手を使ってでも勝て!』

ある日。智子の演説会場にヤジが飛んできました。『子供の世話はどうしたの?!』『育児放棄!』ヤジを飛ばした主婦らしき女性たちはヤジを飛ばし、会場を笑いながら出て行きます。

また、智子が別の演説会場に行くと、そこに集まった客は0でした。その理由は、ネット上の智子への中傷書き込みました。公平が無職であることから、駿平が保育園に通っているのはずるいというものでした。

その帰り道。智子は自分の選挙ポスターに『落ちろ!』などの落書きがされ、破られているところを目撃しました。

翌朝。公平とともに保育園に登園する駿平を呼び止めた智子。『しばらく保育園休もう!…ごめん…』

『駿平まで巻き込んでやることなのかな…』そもそも駿平の幸せのために始めた選挙活動が、今回のようなことになってしまい弱音を吐く智子。しかし駿平は『頑張って!ママ!僕ステーキ食べたいよ!!』と智子を励ましたのでした。

現市議会議員・磯部の街頭演説。磯部は智子が保育園への不正入園をはたらいていると糾弾。そこに智子が乱入してきました。磯部の選挙カーの上に登る智子。

『まあまあ、聞いてやりましょうよ?』余裕の磯部はマイクを智子に渡しました。『まずは謝らせてください。ごめんなさい』仕事を辞めた途端に保育園をやめなければならないことを知らなかったと謝る智子。

『でも、そんなのおかしくないですか?!』ルールに従い、保育園をやめたが、職を失うリスクを抱え皆が仕事をしている中で、親が失職するたびに子供の環境を変えるのは子供がかわいそうだと語る智子。『その通り!』和美が声を上げます。

自分の選挙活動を支えてくれているのは、和美をはじめとするママ友で、母親たちが社会から理不尽な扱いを受けていると続ける智子。

『子育て優先したら、自分の人生二の次なんておかしくないですか?1人でやってもどうにもならないことを変えていくのが政治家の仕事。皆さん、一緒に、幸せになりましょう!!』観衆たちから大きな拍手がわきました。

そして迎えた選挙の日。選挙事務所となった智子の自宅で、開票速報を智子たちは見送ります。早々、当確が出たのは藤堂。それに続き、犬崎も当選しました。犬崎派の未亜、岡本、薗田も次々と当選!!

そして最後の議席が決まった。『西区最後の議席を獲得したのは…磯部真蔵さん!』とアナウンサーが読み上げ、智子の落選が決定しました。

『お疲れさまでした!皆さんもありがとうございました!智ちゃんもよく頑張ったよ!』公平が挨拶します。『やっぱり柄じゃなかったんだよ!期待させてごめんね!』そう明るく言った後、智子はトイレへ行くと退席しました。

智子が1人、団地の公園で黄昏ていると、そこに駿平が現れました。『お疲れさまです!』駿平は智子の胸にリボンをつける。『ありがとう!』そこに突然公平が走ってきます。『智子〜〜〜!950万!!』

磯部が突然倒れ、体調不良のため議員を辞退したのだといいます。智子の繰り上げ当選が決まったのです!

そして、智子は市議会議員となりました。初日、藤堂に自分が市議会議員なんて信じられないという様子で話しかける智子。『僕意外と驚いてないんですよね。あなたが当選したの』と藤堂は言いました。

議会にて、智子は居眠りしている市議会議員・前田康(大澄賢也)の頭を丸めた資料で叩きました。
『起きろっつってんだろ!寝ちゃダメ!』傍聴席に拍手がわき、智子が恥ずかしそうに頭を下げる。その様子を見ていた犬崎が『誰だ?あいつ…』と尋ね、秘書が耳打ち。犬崎は智子のことを怪訝そうな顔つきで眺めました。

民衆の敵を見逃してしまった方はこちら!

『民衆の敵~世の中、おかしくないですか?!~』はFOD(フジテレビオンデマンド)で見逃し配信中です!

『民衆の敵~世の中、おかしくないですか?!~』を見逃してしまった場合、月額888円(税抜)の「FODプレミアム」に加入することで全話見放題で視聴ができます!

1話324円で1話ごとに購入して視聴することも可能ですが見放題プラン「FODプレミアム」は3話分よりも安い価格でその他のドラマや雑誌なども読み放題なので「FODプレミアム」に加入する方が圧倒的にお得となっております!

それでも、「お金を払うのは絶対に嫌!」という方もいると思われます。

でも、そんな方も安心してくださいね。

今なら、「FODプレミアム」を31日間無料でお試しすることが可能となっております。

登録はとっても簡単ですし、無料期間である31日間の間に解約すればかかる料金は0円となります。

「FODプレミアム」では『民衆の敵~世の中、おかしくないです??!~』以外の人気ドラマやテラスハウス、ワンピースや進撃の巨人といった人気アニメも無料で楽しむことが可能なのです!!

さらに、現在、FODでは動画コンテンツやコミックスなどが買えるポイントをFODプレミアム会員の方にバラまいているので、無料会員でもお得に使えばコミックスを3冊無料で手に入れることができますよ。

⇒ フジテレビのドラマ動画を見るなら、こちらから

『民衆の敵~世の中、おかしくないですか?!~』の見逃し配信を見るのをきっかけに、無料期間だけでも試してみることをオススメです!


民衆の敵の見どころとは

40代の女優さんの中でも、篠原涼子さんは結婚・出産も経て、輝き続ける女優さん。

これまでも筋が通った存在感のある役柄で、人々の共感を得てきましたね。

今回のドラマでも、篠原涼子さん演じる佐藤智子は、持ち前の曲げられない意志の強さで突き進んでいくドラマです!

また代々、政治家一家に育った裕福な育ちでなく、庶民的な主婦感覚の彼女の姿は、ドラマを観る女性の支持を得られるのではないかと思われます!

最近では、議員の不倫問題や汚職やそんな問題ばかりがクローズアップされております。

実際にはそんな人ばかりではなく、地道に活動されている方がほとんどとなりますね。

野心はあっても、実際に行動に起こすことまでは中々出来ないのが現実ですよね。

ドラマの世界であっても、自分と照らし合わせて考えることも出来るのではないかと思われます。

ぜひ、見てみてくださいね!

民衆の敵 安倍晋三総理をバカしてる?批判殺到の理由とはについてでした。



見逃した"あの"ドラマを高画質で視聴するなら

スマホ・タブレット・パソコンさえ持っていれば、いつでもどこでも、ドラマが見れる動画配信サービスがあります。お試しキャンペーン期間中は、期間以内に解約すれば一切お金はかかりません。

デイリーモーションやパンドラなどにアップロードされているドラマは違法動画ですのでご注意ください。ココでは、安全で高画質な公式動画サービスだけをお届けしています。

フジテレビ系のドラマを見るなら、『FOD(フジテレビオンデマンド)』

●民衆の敵
●刑事ゆがみ
●ラブホの上野さん Season1〜2
●イタズラなKiss〜Miss in Kiss
●コードブルー Season1〜3
●ウツボカズラの夢
●昼顔
●ラストシンデレラ
●明日の約束(ポイント)などなど

日テレドラマをメインで見るなら!『Hulu』

●奥様は、取り扱い注意
●今からあなたを脅迫します
●先に生まれただけの僕
●愛してたって、秘密はある。
●わにとかげぎす
●ブラックリベンジ
●過保護のカホコ
●ウチの夫は仕事ができない などなど

最も作品が豊富な『U-NEXT』

ポイントが必要な作品もあります。今なら初回特典で600ポイントが付いてきます。

●陸王(324ポイント)
●コウノドリ(324ポイント)
●監獄のお姫さま(324ポイント)
●ドクターXシリーズ(324ポイント)
●黒革の手帖(324ポイント)
●この声をきみに(216ポイント)
●わろてんか(108ポイント)
●ひよっこ(108ポイント)
●君の名は。(540ポイント) などなど

ぜひ、この方法で、見逃したドラマを楽しんでくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。