過保護のカホコ イライラする?発達障害だから!?

過保護のカホコ イライラする?発達障害だから!?高畑充希さん主演の「過保護のカホコ」、今、いろんな意味で話題ですね。

第1話は、期待値も高く、視聴率が11.6%でした。7月19日に放送された第2話は・・・0.8%ダウンの10.8%だったそうです。

何故下がってしまったのか・・・。調べてみると、「過保護のカホコ」について、こんなワードが飛び交っています。

そのワードとは・・・。「カホコを見ているとイライラする」とか「発達障害なのではないか・・・?だから笑えない・・」とかとか・・。

今回は、そんな感じで賛否両論ある話題のドラマ「過保護のカホコ」について。あらすじやみんなのイライラする事柄等をまとめてみたいと思います。

 


「過保護のカホコ」ってどんなドラマ?

このドラマは、何から何まで親の庇護を受けて育った女子大生・加穂子(高畑)が1人の青年との出会いによって変化し、自分の中に眠っていた力に目覚めていくというストーリー。

加穂子に影響を与える青年・麦野初役で竹内涼真、加穂子を溺愛する母・泉役に黒木瞳、そしてその母の過保護ぶりに気づきながらも、何もできない父親・正高役で時任三郎らが出演している。

 

イライラか!?「過保護のカホコ」2話のあらすじ

第1話より少し視聴率がダウンしてしまった、「過保護のカホコ」2話。

どんな内容だったのか、少しおさらいしたいと思います。第2話でカホコは、プロのチェリストを目指している、いとこのイト(久保田紗友)が手首を痛めていることを偶然知ってしまうことから始まります。

「周囲には黙っていて」

とイトから頼まれて秘密を守るカホコ。

 

でも、イトはコンクール本番で手首の痛みに耐えきれなくなってしまうのです。演奏を続けられなくなって、止まってしまいました。

「プロとしての道を断念せざるを得ない・・・」という状況に追い詰められたのです。そんな失意の状態で入院生活を送るイト。

カホコはなんとか彼女を励まそうとします。でもカホコは、素直でいい子だと思っていた、いとこのイトから思いもよらなかったひどいことを言われてしまいます。

初めて人の悪意に触れて感情を処理できなくなったカホコ。その状況を麦野だけが受止めてくれたのです・・・。

という展開となりました。

 

【関連記事】

⇒ 過保護のカホコの動画を1話から最新話まで、再放送を待たずに視聴するならこちら

 


「過保護のカホコ」感想はイライラ!?

カホコはいい年齢なのに、状況が呑み込めなくなると、フリーズしてしまうところが、私はなんだか笑えないんですよね。今回の2話でも、そんな感じでした。

それが、小学生低学年ならかわいい~って思いますが、高学年女子でも私は嫌かな・・・。親の過保護のせいでそんな子に育ってしまったのなら、本当に不幸だな~って思ってしまいます。

このドラマでは、過保護に育った人間の持つゆがみや、過保護な親たちの異常さを描きたかったんだろうな~と思うんですが、今のところ親の「過保護」な状態を表現することがなんだか違うかな・・と思っています。

黒木瞳さん演じる母親の泉が、

「お母さんだったらこうするな」

といつも娘を誘導してみたり、

「就職がうまくいかない」

からといって、専業主婦を強く勧めてみたりするという、かなり怖い描写はあるんですけどね。

 

もう少し日常の中でのフツーの「過保護感」が見てみたいかな。親や祖父母たちの「過保護感」が今のところ薄い感じがするので、カホコのキャラクターに説得力がなくなっているような気がします。

ただの発達障害の女性みたいになっています。

カホコについては、「動きとかがかわいくて目が離せない」とか、「無垢な演技がステキ」とか好感を持つ人もいるようですが・・・。

逆の意見では、「演出が気持ち悪い」とか「実際あんな人がいたら心配してしまう」とマイナスの意見を言う人も少なくない状況です。

具体的には、目をきょろきょろさせて挙動不審になったり、息もつかずにまくしたてたり・・・、人から言われた言葉が頭の中をいつまでも巡ってパニックになったり・・・・

そんな感じの人物をピュアと受け取るか、笑えないしかわいいとも思えないと受け取るかで評価が180度変わりますね。このドラマ「過保護のカホコ」は、第1話で「働くことの意味」について加穂子に考えさせていました。

2話では、「人の持つ二面性」について知り、どのように対処すべきかについて考えさせました。次回3話の予告では、「カホコが親に言い逆らっているような場面」が映し出されましたね。

視聴者からは、

「やっと反抗期が来た」

「ようやく次回で中学生になる」

との安堵の声がありました。

 

だとすると、今のカホコは、精神的に小学生レベルだと思って見守るのが正しい見方なのかもしれないですね。私の感覚は間違っていなかったんだ~と視聴者の声をみて、安心しました。

本当、カホコは小学生低学年レベルです。高学年でも、もっとカホコより大人ですよ。あんなに空気が読めず、周りから浮いていて友だちもいないカホコが、これまでいじめの対象にならなかったことが奇跡です。

20歳過ぎてから生まれて初めて人の悪意に触れた・・・・という事実もびっくりしましたもん。私は、幼稚園の頃から感じてましたよ、人の悪意なんて(笑)

そういう面では、カホコは幸せなのかな・・・。でも、20歳過ぎてから人の悪意に気づいてしまったとなると、復活するのに時間がかかりそうですね・・。

カホコ、大丈夫かな・・・。

 

「過保護のカホコ」みんなのイライラの原因は?

「過保護のカホコ」、高畑充希さんがかわいいという声と同数くらいの意見で、高畑充希さん演じる「カホコ」にイライラするという意見があります。

どうしてみんなイライラするのか・・・その理由をまとめてみました。「過保護のカホコ」の視聴者意見としては・・・。

 

①過保護のかほこまじでイライラする

②過保護のカホコ、面白いんだけど、なんかイライラするな(笑)

③過保護のカホコってなんかめっちゃイライラする

 

なんと、高畑充希さんのかわいさに癒されているのではなく、イライラしている方も多い!!

そのイライラする理由に挙げられていることは・・・。

①過保護のカホコ見たけどカホコが発達障害臭しかしないんですけど。

②過保護のカホコ、最初はみんなで笑って見てたのに、最終的に。

 

「発達障害」が疑われるカホコちゃんが社会生活をするために何が必要か??という議論に発展してしまって、重苦しい空気になってしまう人も続出。

 

そうそう、何もしらない世間知らずの女性っていうレベルではないんです。

もう笑えない状態なんです、カホコ。だから、イライラするっていうか・・・。軽い感じでは観れないんです。

視聴者の意見をぶっ飛ばすかのようなある人の言葉がありました。それは、「過保護のカホコ」の脚本家:遊川和彦氏の言葉です。

 

★「カホコのように愛を一身に受けてきた人間はやっぱり素直だし、人を疑わない。」

カホコの見せる愛らしい行動は、親からの愛をしっかり受けて過保護に育ってきたことが原因だということなんです。

だって、「過保護のカホコ」の宣伝文句は・・・。

「純粋培養」、「史上最強の箱入り娘」

ですからね(⌒∇⌒)

 

カホコは、一応、父親の知人の会社を受けて面接は通っていたので、コミュニケーションは普通にできるのかな~って思います。

みんなのイライラする気持ちも分かります。

私もイライラした一人ですし・・・。

 

でもでも、まだ発達障害を疑うのはまだ早いみたいです。脚本家の遊川和彦さんの言葉を胸に、最終回までカホコの成長を見守りたいと思います(⌒∇⌒)

 


「過保護のカホコ」話題のイケメン俳優


「過保護のカホコ」で、カホコの相手役の青年は誰??という声が多いようです。気になりますね。私、知ってます。そのイケメン俳優のこと(⌒∇⌒)まずは、「過保護のカホコ」の役柄からご紹介します。

過保護のカホコの相手役の青年・麦野初(むぎのはじめ)。

カホコにとって初めて、自分に冷たく対応する存在。

トゲのある相手役、Sっ気たっぷりの男性。

 

そんな役柄は、主人公がお嬢様な少女漫画の王道!って感じですね。初が何故カホコに冷たくあたるのか。。。それは、麦野初が「過保護」とは真逆の環境で育ったからです。

初は、親に捨てられて養護施設育ちなんです。学費も自分で。だから、アルバイトを掛け持ちしているんです。その上、「画家志望」。

どんな仕事も大変だけど、「画家」は一人で孤独とも戦うという意味でも更に大変さが増します。カホコは、何から何まで親にやってもらっているので、嫌味の一言も言いたくなるのは仕方ありませんよね。

この過保護のカホコの相手役の男性は誰??麦野初役の俳優さんの名前は、「竹内涼真」さんです♪

他のドラマでも見たことありませんか?最近では、ビューネのCMでも大活躍です。OLに優しいビューネ君。

あの短いCMでも癒されますよね。唇下のほくろがチャームポイントのイケメン!「過保護のカホコ」麦野初役・竹内涼真さんのプロヒィールをご紹介します。

1993年4月26日生まれ。東京都出身の、俳優・モデル。サッカーが好きで歌もうまいイケメンなんですよ。5歳の頃からサッカーを始め、プロを目指していたそうです。

在学中の立正大学もサッカー推薦で入学。それほど、サッカーが上手なんですね。そんな大好きなサッカーのプロになりたかった涼真さん、ある時、「自分はプロにはなれない」と考えたそうです。それで。

サッカーは断念したと何かのテレビでも言っていました。将来の夢がサッカー選手から俳優に変更になった理由は・・・。

母の友人の勧めで、モデルのオーディションに応募した時から変わったそうです。みなさんが、竹内涼真さんを目にしたのは・・・『仮面ライダードライブ』の主人公役ではないでしょうか。

その当時も、世のお母さんの心を鷲掴みにしましたね!今は、連続テレビ小説『ひよっこ』でも、相手役として出演中。

どんどん活躍の場が広がっています。仮面ライダー時代から応援している私としては、うれしいです。演技力がどんどん上がっている、という声もありますしね。

「過保護のカホコ」の麦野初役で竹内涼真が更に注目浴びそう(⌒∇⌒)

 

【関連記事】

⇒ 過保護のカホコの動画を1話から最新話まで、再放送を待たずに視聴するならこちら

 

イライラは無くなる!?「過保護のカホコ」3話のあらすじ

「過保護のカホコ」3話のあらすじです。

人間には表の顔と裏の顔があることを目の当たりにし傷付いたカホコ(高畑充希)。泉(黒木瞳)と正高(時任三郎)にも話せなかった糸(久保田紗友)との確執を初(竹内涼真)に打ち明けます。

自分を受け止めてくれた初の意外な優しさに心打たれるカホコ。初が夢にまで出てきてしまうカホコ。娘の異変を敏感に嗅ぎ取った泉は、初に会うことを禁止するのです。

でも、大学では目にうつるカップルがどこか羨ましく、初を探してしまうカホコ。母に内緒にしながらも初に会ってしまうカホコ。

でも、初は、カホコとは正反対の女性がタイプと知り落ち込みます。さらに、「恋愛相談に乗ってやる」とまで言われてしまったカホコなのでした…。

そんな中、糸の母・節(西尾まり)から、「入院中の糸の様子がおかしいので力になってほしい」と連絡が入ります。

チェリストの夢が絶望的になった糸から、「親戚の奴らみんな大嫌い」と本音をぶつけられ顔を合わせづらいカホコ。

初に頼み込み自分の代わりに入院中の糸と話をしてもうらうことにしたのです。でも、カホコは、その様子を見て複雑な気持ちになってしまいます。

糸と初は、同じ芸術の道を志すことから、気が合っているように見えたのです。叔母の環(中島ひろ子)から、カホコのその気持ちは恋だと指摘されたてしまったカホコ。

親戚夫婦の馴れ初めを聞き漁り、正高が泉を好きになったきっかけが「手作り弁当」だったと知り、花嫁修業と偽って泉に弁当の作り方を教えてもらうことにしました。

さらに、思わぬ成り行きで初に告白しようということにまでなってしまいます。インターネットで情報収集するカホコ。

陰ながら娘の初恋を応援する正高。初が好きそうな洋服を買いたいというカホコを手伝ったりと手助けをします。そんな中、泉は様子のおかしいカホコに目を光らせています。

そして、糸の退院を祝って再び親戚一同が集まることになりました。糸との再会に緊張するカホコ。初恋をきっかけに、それまで盤石だったカホコと泉の絆に、予想もしていなかった亀裂が生まれようとしていたのです。

 

最後に・・・

「過保護のカホコ」は、高畑充希さんのかわいさも話題ですが、私的には黒木瞳さんの過保護すぎる母親にハマっています。

カホコのみんなをイライラさせていまう表情も、どんどん話が進むにしたがってかわいく感じでくるのでしょうか。

まだ2話の状況では、イライラしかしませんが、今後はカホコの初恋をきっかけに何か変わることを願っています。

今後も、カホコの成長が見逃せません。



見逃した"あの"ドラマを高画質で視聴するなら

スマホ・タブレット・パソコンさえ持っていれば、いつでもどこでも、ドラマが見れる動画配信サービスがあります。お試しキャンペーン期間中は、期間以内に解約すれば一切お金はかかりません。

デイリーモーションやパンドラなどにアップロードされているドラマは違法動画ですのでご注意ください。ココでは、安全で高画質な公式動画サービスだけをお届けしています。

フジテレビ系のドラマを見るなら、『FOD(フジテレビオンデマンド)』

●民衆の敵
●刑事ゆがみ
●ラブホの上野さん Season1〜2
●イタズラなKiss〜Miss in Kiss
●コードブルー Season1〜3
●ウツボカズラの夢
●昼顔
●ラストシンデレラ
●明日の約束(ポイント)などなど

日テレドラマをメインで見るなら!『Hulu』

●奥様は、取り扱い注意
●今からあなたを脅迫します
●先に生まれただけの僕
●愛してたって、秘密はある。
●わにとかげぎす
●ブラックリベンジ
●過保護のカホコ
●ウチの夫は仕事ができない などなど

最も作品が豊富な『U-NEXT』

ポイントが必要な作品もあります。今なら初回特典で600ポイントが付いてきます。

●陸王(324ポイント)
●コウノドリ(324ポイント)
●監獄のお姫さま(324ポイント)
●ドクターXシリーズ(324ポイント)
●黒革の手帖(324ポイント)
●この声をきみに(216ポイント)
●わろてんか(108ポイント)
●ひよっこ(108ポイント)
●君の名は。(540ポイント) などなど

ぜひ、この方法で、見逃したドラマを楽しんでくださいね!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。