監獄のお姫さま 勝田千夏役 菅野美穂の役どころや演技の評価をネタバレも

監獄のお姫さま 勝田千夏役 菅野美穂の役どころや演技の評価をネタバレも

『監獄のお姫さま』は、『逃げ恥』枠の火曜ドラマということで、早くも大注目されております。

誰もが知る演技派女優の菅野美穂さんですが、コメディ・ドラマへの出演は久しぶりなのではないかと思われます。

そこで今回は、菅野美穂さんの演技などについて詳しくご紹介していきたいと思います。


監獄のお姫さまってどんなドラマなのか?

監獄のお姫さまを一言でいうと『おばちゃん犯罪エンターテイメント』です。

小泉今日子さんが実に16年ぶりにTBSドラマに主演となります

冤罪(えんざい=本当は罪を犯してない)で刑務所に入ってしまった夏帆さんを助けるために、罪を犯した女性たちと女刑務官が協力するというドラマです。

その中でドタバタ劇が繰り広げられるという内容となります。

脚本は稀代の脚本家・宮藤官九郎さん!

実力人気ともに高い俳優陣と、作ったドラマは必ず面白いクドカンさんいう組み合わせは、ドラマをみたい要素しかないくらい注目のドラマとなっております!

菅野美穂のプロフィールとは

本名 堺 美穂 (旧姓:菅野)

別名義 蓮井 朱夏(『愛をください』の役名でCDリリース)

生年月日 1977年8月22日(40歳)
出生地 日本の旗 日本 埼玉県坂戸市

身長 160 cm
血液型 AB型

職業 女優・歌手・タレント
ジャンル テレビドラマ、映画、舞台

活動期間 1992年 –
1993年:女優デビュー

配偶者 堺雅人(2013年 – )
事務所 研音

主な作品

・テレビドラマ
『イグアナの娘』
『君の手がささやいている』シリーズ

『大奥』
『愛し君へ』

『働きマン』
『キイナ〜不可能犯罪捜査官〜』

『ギルティ 悪魔と契約した女』
『曲げられない女』

『蜜の味〜A Taste Of Honey〜』
『結婚しない』
『砂の塔〜知りすぎた隣人』

・映画
『落下する夕方』
『化粧師 KEWAISHI』

『Dolls』
『パーマネント野ばら』

『ジーン・ワルツ』
『大奥〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』

生家の家族は病院を経営する両親、弟が2人います。両親は岩手県奥州市江刺区出身で、同じ中学の同級生同士です。

現地では菅野(カンノ)姓が多いようです。

出演する番組など、周りの環境に合わせて色を変えるように演じ分けていることから、「カメレオン力」を持っているという評判があります。

裸眼視力は0.04と近視で、コンタクトレンズを使用している。芸能界に入る前は黒縁眼鏡をかけていました。

2010年7月に第一種運転免許を取得しました。現在は育児しながら女優業を継続中です。

淑徳与野高等学校卒業、淑徳大学国際コミュニケーション学部中退しました。1992年、中学3年生の時にテレビ朝日のバラエティ番組『桜っ子クラブ』の番組内ユニット「桜っ子クラブさくら組」のオーディションに合格して芸能界デビューしました。

同番組のレギュラー出演を継続しながら、テレビドラマやCM、雑誌のグラビアなど徐々に番組の外での活動を増やしていきます。


監獄のお姫さまで菅野美穂さんが初体験ってどゆこと?

監獄のお姫さまの出演にあたって菅野美穂さんは以下のようにコメントされております。

宮藤さんとは、脚本では初めてご一緒させて頂くのですが、エスプリと同時に、炸裂感のあるクドカンワールドに自分も参加させて頂けることに、ワクワクしています。

そして、小泉さんとご一緒できるなんて…やったー!!本当にウソみたいで、嬉しい気持ちでいっぱいです。

とのことです。

どうやら、クドカンさんの脚本作品に初めて出演すると同時に、小泉今日子さんと初共演するということのようですね。

初めてなことが多く話題になっています。

菅野美穂の演技の評判とは

さて、気になる菅野美穂さんの演技の評判について見ていきます!

演技が上手いのか!?

まずは、菅野美穂さんが演技が上手い(上手すぎる)というひとの意見となります。

砂の塔、今日初めて見たんだけど、涙が止まらなかった。菅野美穂さん、演技上手すぎ。

・とりあえず泣いた。砂の塔謎過ぎ。菅野美穂って本当演技上手で引き込まれる。とりあえずお兄ちゃん。

「演技上手すぎ」「可愛くて演技上手」「泣ける」など絶賛の声多数です。

菅野美穂さんは、とてもピュアで役に感情移入するタイプの役者さんなので、こちらも引き込まれてしまうのですよね。

また、可愛くて綺麗なルックスを褒める声も多数ありました。

出産後も変わらぬスタイルでさすがですよね!羨ましいです。

演技が下手なのか?

まさかと思って調べてみましたら、意外に下手という声がそこそこ存在しました!

代表的なものを抜粋します。

菅野美穂ってこんなに演技、下手だったっけ?

・菅野美穂演技大袈裟で下手やな

・菅野美穂好きなんだけど演技下手になってない?なんか雑というか粗いというか。特にプレゼントで涙ぐむところが子どもに対してのパフォーマンスなのかマジ泣きなのかわからわない。

菅野美穂さんは結婚・出産後、2017年の『砂の塔〜知りすぎた隣人』のヒロインで復帰を遂げましたが、どうもそのドラマの演技が下手だと言うひとがいるみたいです。

久しぶりだったから勘が鈍ったのかな?

ところが残念なことに、その後の『ひよっこ』での演技も下手だと言うひとも…。

そして調べてみますと、結婚前の演技についても下手だというひとがちらほらいました。

演技が上手と言う人が多数派であることは間違いないのですが……。

考察すると、菅野さんの『砂の塔〜知りすぎた隣人』での役柄・亜紀が「イライラする」という意見に代表されるように、平凡で可愛いけれどやたら要領が悪くて、ついついムカッとくるところに原因があったのではないかと思われます。

つまり役柄そのものが嫌われる要素が高かったからではないかなと思われます。

そして個人的な意見ですが、役柄にピタッとハマった時の菅野美穂さんは生き生きとした演技で大女優の風格を感じさせますが、役柄が若干ズレていたりすると、わざとらしかったり下手に見えたりするのではないかなと思われます。

どちらにしても演技に一生懸命な方なので、その一生懸命さが悪い印象に転ぶと、「大袈裟」とか「下手」という評価に繋がるのかもしれませんね。

「ナチュラルな演技が魅力」と言われることもある菅野美穂さんですが、私は「強気な女性」や「特殊な役柄」などインパクトのある設定を演じている菅野さんの方が個人的には好きです!!


『監獄のお姫さま』財テク・勝田千夏の役柄とは

勝田千夏(かつたちなつ):キャスト菅野美穂

所得隠しと巨額の脱税で服役中。

故にあだ名は「財テク」。

刑務所のリーダー的存在で、ヒロイン・カヨ(小泉今日子)のことも引っ張っていき、仲間になります。

はっきり物を言う性格です。

数々のドラマに出演してきた菅野美穂さんですが、宮藤官九郎さんの作品ははじめていうことになります。

また、小泉今日子さんとの共演も初めてということで、以下のような喜びのコメントをしています。

「エスプリと同時に、炸裂感のあるクドカンワールドに自分も参加させて頂けることに、ワクワクしています」と期待を語り、また「小泉さんとご一緒できるなんて…やったー!! 本当にウソみたいで、うれしい気持ちでいっぱいです」と自身も撮影を楽しみにしているようですね。

ドラマ『監獄のお姫さま』のストーリーは、女子刑務所が舞台で、5人の犯罪者と罪を忌み嫌う女刑務官がタッグをくんで、「仲間の冤罪を晴らすために、とある男性への復讐」を行う笑いあり涙ありのエンターテイメントとなります。

ぜひ、菅野美穂さんの演技を見てみてくださいね!

監獄のお姫さま 勝田 千夏役 菅野美穂の演技の評価は?についてでした。



見逃した"あの"ドラマを高画質で視聴するなら

スマホ・タブレット・パソコンさえ持っていれば、いつでもどこでも、ドラマが見れる動画配信サービスがあります。お試しキャンペーン期間中は、期間以内に解約すれば一切お金はかかりません。

デイリーモーションやパンドラなどにアップロードされているドラマは違法動画ですのでご注意ください。ココでは、安全で高画質な公式動画サービスだけをお届けしています。

フジテレビ系のドラマを見るなら、『FOD(フジテレビオンデマンド)』

●民衆の敵
●刑事ゆがみ
●ラブホの上野さん Season1〜2
●イタズラなKiss〜Miss in Kiss
●コードブルー Season1〜3
●ウツボカズラの夢
●昼顔
●ラストシンデレラ
●明日の約束(ポイント)などなど

日テレドラマをメインで見るなら!『Hulu』

●奥様は、取り扱い注意
●今からあなたを脅迫します
●先に生まれただけの僕
●愛してたって、秘密はある。
●わにとかげぎす
●ブラックリベンジ
●過保護のカホコ
●ウチの夫は仕事ができない などなど

最も作品が豊富な『U-NEXT』

ポイントが必要な作品もあります。今なら初回特典で600ポイントが付いてきます。

●陸王(324ポイント)
●コウノドリ(324ポイント)
●監獄のお姫さま(324ポイント)
●ドクターXシリーズ(324ポイント)
●黒革の手帖(324ポイント)
●この声をきみに(216ポイント)
●わろてんか(108ポイント)
●ひよっこ(108ポイント)
●君の名は。(540ポイント) などなど

ぜひ、この方法で、見逃したドラマを楽しんでくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。