14才の母 動画を1話から最終回まで無料視聴して志田未来の演技が見れる

14才の母 動画を1話から最終回まで無料視聴して志田未来の演技が見れる!

14才の母は、2006年10月11日から12月20日まで毎週水曜日22:00 – 22:54に、日本テレビ系の「水曜ドラマ」枠で放送された日本のテレビドラマとなります。

主演は志田未来さんでとても話題となりましたよね。

志田未来さんは今回10月から新しく放送されるコウノドリ2の第1話で24歳の母親役を演じると言うこともありいまとても話題となっています。

そこで今回は、14才の母について詳しくご紹介していきたいと思います。

14才の母とは

未成年の妊娠と出産をテーマにした社会派ドラマとなります。

ハイビジョン制作です(地上波デジタル放送のみ)。キャッチコピーは「愛するために生まれてきた」(前後に波ダッシュが入る場合や、「愛するために」の後にスペースが入る場合もあります)。

初回は、15分拡大の23:09までの放送となり、最終回は、20分拡大の23:14までの放送されました。視聴率好調に伴い、全10話の予定が1話追加され全11話となりました。

「ギャラクシー賞 2006年12月度月間賞」、「第44回ギャラクシー賞」(民放ドラマで唯一の入賞)、「平成19年日本民間放送連盟賞(最優秀)」受賞作品です。

14才の母のストーリーとは

私立中学校2年生の一ノ瀬未希は、14歳にして、恋人との子供が出来てしまいます。

しかし、運命の相手と思えた私立中学校3年生・桐野智志は頼りにならず、家族との確執が芽生え、未希は絶望の淵に落とされます。

それでも産む決心をするが、信じられないほどの困難が待ち受けていました。

14才の母の最終回のネタバレあらすじとは

美希は子供をNICUで見た帰り。病室に戻る途中子供の名前を思いつきます

静香を見送って美希を迎えにやってきた加奈子に、美希は思いついた子供の名前を告げます。名前は「そら」。土田は2500グラム以上の体重になるまではそらちゃんは入院していただく、そしてもし母乳が出たら届けるように話します。

加奈子は静香のお祝い金を忠彦に見せます。借金で大変なのに厚みのある祝儀袋に加奈子は不安を感じ、忠彦に静香たちの隠れ家を聞きます。

美希は僅かの母乳をNICUのそらに持っていきます。美希はそらがミルクを飲まないことや、泣かないことが不安になります。

加奈子は静香のアパートにやってきます。ドアを叩くと智志が呆然としています。部屋を探すと静香が風呂場で倒れていた。側には睡眠薬の空ビンが…。

加奈子は智志と静香を病院に運びます。静香は一命を取り留めます。智志は母の寝顔を始めて見たといいます。いつも働いていたと言います。病室を去ろうとする加奈子に、もう気がついていた静香はなぜ助けたと問います。

加奈子は静香がいなくて智志が幸せになるわけがないといいます。以前に、美希が、お父さんがいないのに智志が曲がっていないと言う話をし、静香がいたから智志君がここまで成長したと言う話をします。涙する静香…。

美希はNICUに来たまま動こうとしない、そらがミルクを飲まないのが不安でたまらないのです。そんな美希を加奈子が慰めます。

退院する静香。玄関に波多野がいて送ると言います。波多野はまだ続きの記事を書くという。静香は無視して帰ろうとします。波多野は智志は面白い奴と言います。思わず波多野を見つめる静香。

マコト夫婦と健太が見舞いに来ます。美希は子供の名前を披露します。マコトは美希の頭をおどけてなでて美希のがんばりを褒めます。

退院準備をする美希を香子先生が訪ねてきます。学校は自宅で子供を育てながら自習し、定期考査だけを受けに登校するように決めたといいます。しかし美希は学費を心配して公立の中学に転向したいと言います。親には甘えられないと言います。

美希の退院の日、健太を家の前で送る加奈子は近所の人に子供に悪影響を与えるといやみを言われてしまいます。

NICU、美希が見ている前でそらが無呼吸の発作を起します。土田医師は無呼吸の発作を繰り返すのは未熟児なので呼吸が不安定になることがあるといいます。不安な美希と加奈子。

学校、教頭先生は美希が公立中学に転向することを心配していると言います。校長先生は一之瀬を信じると言います。

教室で、香子は訝る生徒に、美希は生まれた子供に胸をはって言える将来を信じているのだと話します。

病院では、心配する美希と加奈子の前に智志がやってきます。病院の庭で話す二人。美希は赤ちゃんが小さいからまだ抱っこしたことがないと話します。智志は命がけで生んだんじゃないと言います。

美希の意識がないときに会いに来た。学校を卒業したら働くと言います。子供に少しでもお金を送りたと言います。智志は親といる時は自分じゃなかった。美希といる時は自分だったと言います。

加奈子が迎えに来ます。そらの状態が安定した。危機を脱したと言います。喜ぶ美希・加奈子・智志。

数日した一之瀬家で、美希、智志、忠彦、加奈子、静香が集まっていました。そばで健太も聞いています。

美希と智志は、智志が18歳になったら結婚したいと言います。驚く親たち。二人は学校を卒供したらすぐに働くと言います。忠彦と加奈子は学校へ行くことを進めます。美希は子供の手が離れたら改めて勉強すると言います。

静香は女でひとつで子育てをすることの困難さを話します。静香は世間の冷たさにさらされた結婚できなくなるのが落ちだといいます。

美希は子供が出来た時に親からどれだけ愛されていたのかとか、学校のみんなそして智志のことをどれだけ愛していたかを知らされたと言います。

静香は勝手にしなさい自分に褒められるようにしなさいといいます。そして帰って行きます。

1ヵ月後。真由那が美希を訪ねてきます。真由那はそんなに子供がかわいいんだと言います。

美希は子供が大事と言います。真由那は死ねないねと言う。真由那は自分の話をします。真由那は大学生と付き合っていたのを反対され無理やり別れされました。それで自殺しようとしました。

でも死ねませんでした。親の言いなりだったと言います。公立に転向しようとしたけど…。

真由那は美希を見ていると何もかも親のせいにして生きているんだなと思うと言います。でも美希が子供を生んだのは今でも賛成できないといいます。

そして美希は空を迎えに病院に行きます。そらは2580グラムになっていました。

初めてそらを抱く美希は重いといいます。
美希はそらには未来の希望が詰まっていると言います。涙する加奈子。

運送会社で働く智志。生命保険のセールスをしている静香。静香を遠くでかつての部下、山崎が見守っています。

帰宅の車中で泣き出すそらを公園であやしている美希と加奈子。そこの波多野が通りかかり赤ちゃんのためにおもちゃを渡します。美希は的場クリニックに連れて行ってくれた尾根意を言います。

訝る加奈子。波多野は14才の母の話を書き続けると言います。だから美希にずっと育てろよと言います。

再び車で家に向かう二人。家に着くと忠彦と健太が待っていました。近所の人の視線を気にしながらも忠彦は全員で記念写真を撮ります。

波多野は加奈子が働いていたいつものファミレスで「14才の母」を書いています。いつものようにコーヒーのお替りを注文しながら…。

14才の母 動画を1話から最終回まで無料視聴して志田未来の演技を見るならこちらから

14才の母の動画を1話から最終回までの動画を無料で視聴するなら、U-NEXTと言う配信サービスがオススメです。このサイトなら、無料キャンペーンもやっているので、無料で楽しめます。

 

YouTubeやデイリーモーションなどに動画がアップされる事もありますが、違法アップロード動画なので、架空請求サイトや、怪しい広告をクリックさせられたりしますよね。

なので、U-NEXTで見た方いいです。

>> 31日間の無料キャンペーンで「14才の母」動画を見るならこちら

 

14才の母のキャストとは

◆志田未来・一之瀬未希
中学2年生です。明るく友人も多い、ごく普通の少女。親に内緒で智志と親しくなります。思いがけず智志の子を妊娠します。

◆田中美佐子・一之瀬加奈子
未希の母。ファミレスでパート勤務です。教育熱心で、未希に自分の夢を託しています。

◆生瀬勝久 一之瀬忠彦
未希の父。住宅メーカーに勤務です。仕事に疲れ気味で、家族を思いやれていないが、家族のために働いているという自負があります。

◆河本準一・三井マコト
加奈子の弟。エレキギターショップ店長です。未希をかわいがり、よき理解者でもあります。

◆三浦春馬 ・桐野智志
中学3年生。未希と同じ塾に通います。母親の言いなりだが、反発する気持ちもあります。未希との交際は真剣だったが…。

◆室井滋・桐野静
女性企業家。カリスマシングルマザーとして、メディアにも登場します。仕事中心の生活で、お金は十分に与えるが、息子の気持ちは深く考えません。

◆北村一輝・波多野卓
写真週刊誌編集長。加奈子のパート先のファミレスによく出没です。偶然、未希の妊娠騒動を聞きつけます。

◆高畑淳子・的場春子
未希が生まれた産婦人科医院の医師です。妊娠発覚後、未希も通います。温かくおおらかな性格です。

◆山口紗弥加・遠藤香子
教師。未希の担任です。生徒の成績・行動には気を配るが、一方で生徒に深入りしないという自分なりの方針があります。

◆北乃きい・久保田恵
中学2年生。小学校からずっと一緒で、放送部も一緒です。未希の一番の親友となります。

◆谷村美月・柳沢真由那
1年休学していたため、本来学年は1つ上だが未希のクラスに転入します。未希を子供っぽいと思っています。

14才の母の見どころとは

お腹に宿ったかけがえのない命と向き合う14歳の少女のヒューマンストーリーとなります。「堕ろせ」という周囲の反対に孤独になる少女を志田未来が演じ、子役から大きく飛躍した作品です。

一見スキャンダラスでセンセーショナルな設定ですが、このドラマが高視聴率を獲得した理由のひとつには、中学生の妊娠をテーマにしつつも、そこに主人公や彼女を温かく見守る周囲の人々の“生命の尊さ”と正面から向き合う真摯な姿が描かれており、感動と共感を呼んだことをあげることができます。

愛と生命を考えさせられる、まさにヒューマンドラマの傑作となります。

ぜひ、見てみてくださいね!

 

14才の母の動画はこちら見れます。

>> 31日間の無料キャンペーンで「14才の母」動画を見るならこちら

 

14才の母 動画を1話から最終回まで無料視聴して志田未来の演技が見れる!についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。