コウノドリ 志田未来が妊婦役で14歳の母から24歳の母に!?

コウノドリ 志田未来が妊婦役で14歳の母から24歳の母に!?

コウノドリ2が10月に始まりますね。

みなさん楽しみにしていると思われますがその中でも志田未来さんが妊婦役でしかも、昔は14歳の母だった彼女が24歳の母役を演じるということもあり話題となっていますね。

そこで今回は、第1話で出演する志田未来さんについて詳しくご紹介していきたいと思います。


コウノドリで志田未来さんが14歳の母を演じる?!

女優の志田未来(24)が、10月13日放送のTBS系テレビドラマ「コウノドリ」第1話にゲスト出演し、出産に挑む妊婦を演じることが発表され、反響を呼んでいます。

志田未来さんというと、子役時代から活躍し、2005年に出演したドラマ「女王の教室」や映画『春の雪』での好演で注目を浴さました。

その翌年には、中学生で妊娠・出産を経験する少女を描いたドラマ「14才の母 ~愛するために 生まれてきた~」で主人公を演じ、作品の大ヒットと共に志田のブレイクも決定的なものとなりましたね。

そんな「14才の母」当時13歳だった志田未来さんが、24歳となったいま、「コウノドリ」で耳の不自由な妊婦という難役で再び出産シーンに挑みました。

このことが大々的に発表されると、Twitter上では「志田未来さん、もう24歳なんですね」「未来ちゃんも立派な大人ですねぇ」などとまず志田が24歳になったという事実に驚く声が上がりました。

そして、「14才の母」を観たのをきっかけに志田未来さんのファンになったという多くの人が期待をふくらませています。

志田未来が出演する第1話の予告は公開されており、「予告の時点で既に涙腺が崩壊しかかっています…」「14才の母の時も泣いたけど、この予告だけでも泣いちゃう」と視聴者はさっそく心をゆさぶられたようです。

「コウノドリ」は、鈴ノ木ユウの同名漫画を原作とするヒューマンドラマです。綾野剛ふんする産婦人科医と天才ピアニストという2つの顔を持つ主人公・鴻鳥サクラを中心に、産科医療の現場のリアルを描いています。

コウノドリの志田未来のキャラクター説明

◆早見マナ(志田未来)

一人でもしっかり生きていけるようにと、両親から甘やかされずに育ちました。ゆっくり話してもらえば読唇術でだいたい理解できます。

夫・健治も生まれつきろうあ者だが、お互いに支えあい生きています。妊娠がわかった時、本当に育てられるのかと両親に心配され、負けん気の強さで表には出さないが、心の奥で不安を抱えています。


志田未来コメントとは

 

『コウノドリ』第1話出演が決まって

もともと前作を拝見していて、しっかり命と向き合っている愛に溢れた作品だなという印象をもっていた。

今作の1話のゲストということもあって、呼んでいただけたことに喜びとプレッシャーを同時に感じ、皆様からとても愛されている作品だと思いますので、しっかり自分の役をリアルに伝えていかなくてはいけないなと感じた。

(実際に演じてみて)出産シーンというとてもハードで緊迫するシーンの中、出演者、スタッフの皆さんがとても温かく声をかけて下さり、心強く感じた。そして、現場の皆さんそれぞれが話し合って丁寧に1つのシーンを作り上げていく姿を拝見し、すごく素敵な現場だと思った。

マナを演じるにあたって

妊娠や赤ちゃんを産むということを実際経験したことがない中で、さらに耳が聞こえないという大きな壁があり、演じていて率直に難しいな…と思った。

手話指導をしていただいた時に、実際耳が聞こえない方の出産のお話を聞かせていただいた。耳が聞こえないことが今まで当たり前だったから、そのことをあまり不利だと思ったり、大変に感じなかったとおっしゃっていたので、マイナスな気持ちを背負って演じないようにした。

2度目の“出産”について

(『14才の母』に出演した)当時は13才という年齢もあり想像で演じるしかなく、母や周りの出産を経験している方にアドバイスとして話を聞いていたな…ということを思い出した。

約10年という時間が経っていますが、まだ実際には出産を経験していないので、今回もまた想像したりして演じた。

(10年前は)お腹に物を詰めても、どこに手を置いたらいいか、どう歩けばいいか、といったことなどがよくわからなくて注意されていたのですが、今回はそれが自然にできたこともあり、その経験が体にまだ染み付いているのかなと思った。

周りの友人も実際に母親になったり、年齢的にも出産というものが身近になってきたので、だからこそ命の重みを考えるようになり、実感しながら演じた。

コウノドリの志田未来さんが出演する1話のあらすじについて

あれから時が経ち、産婦人科医としてベテランの域に入った鴻鳥サクラ(綾野剛)は、かつての恩師である荻島勝秀(佐々木蔵之介)が働く離島の病院へいく。

島の人たちと近い距離で向き合う荻島の姿を見てサクラはあることを思いました。

一方、研修医だった下屋(松岡茉優)と新生児科の白川(坂口健太郎)もそれぞれ専門医となりペルソナ総合医療センターで精力的に働いています。

ある日、離島から帰ってきたサクラは助産師の小松(吉田羊)と耳が聞こえない妊婦の早見マナ(志田未来)を診察します。夫の健治(泉澤祐希)も付き添いで来ていたが、健治も耳が聞こえない。医療用語は手話や唇の動きだけでは伝えるのが難しいため、ホワイトボートを使い筆談で伝えることにになります

一方、産婦人科医・四宮(星野源)は早く仕事に復帰したいキャリアウーマンの妊婦、佐野彩加(高橋メアリージュン)を診察します。

予定通りに生まれるのか聞いてくる彩加に耳を貸さず、丹念にエコーをかける四宮。診断の結果、彩加の赤ちゃんは“心室中隔欠損”と呼ばれる心臓に小さな穴があく疾患にかかっていることが分かりります。

激しく動揺する彩加に周産期センター長の今橋(大森南朋)も加わり、慎重に彩加と夫の康孝(ナオト・インティライミ)に伝えます。彩加は早く仕事に復帰したい気持ちと病気の赤ちゃんという2つの不安に挟まれます。さらにマナも出産を前に、サクラにある不安を打ち明ける…。

 

【関連記事】

⇒ コウノドリの1シーズンを1話から最終回まで無料で見直すならコレ

⇒ コウノドリ 星野源が笑わなかった過去の理由を知っていますか?


コウノドリ2の見どころとは

原作は、講談社「モーニング」で現在も連載中の鈴ノ木ユウが描くヒューマン医療漫画となります。

1児の父である原作者の鈴ノ木が、わが子の出産を通して知った「命」の現場です。産婦人科医が主人公の作品は男性誌では異色ですが、決して大げさではないリアルな産科医療の現場を描かれているヒットでとなります。

現場取材を通したリアルな描写にも注目!

さらに、昨年TBSで放送し大ヒットしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に出演し、益々俳優としての活躍に注目が集まる星野源さん、現在、放送中の「‎ウチの夫は仕事ができない」でもヒロインを演じる松岡茉優さん、数々のドラマや映画に引っ張りだこの吉田洋さん、など主役の綾野剛さん以外にも主役級の俳優陣が脇を固めるのです。

前回シリーズにはなかった“島”という壮大なロケーションで繰り広げられるリアルな医療現場も見所の1つとなります。

島の街道を自転車で走ったり、ドクターヘリが登場したり、“あれ?どこかで見たことあるな…”と思わせるようなシーンがちらほら…と、今までの『コウノドリ』に加え新たなエンターテイメント性あふれる魅力もあります!

コウノドリ 志田未来が妊婦役で14歳の母から24歳の母に!についてでした。

【関連記事】

⇒ コウノドリ 星野源が笑わなかった過去の理由を知っていますか?

⇒ コウノドリの1シーズンを1話から最終回まで無料で見直すならコレ



見逃した"あの"ドラマを高画質で視聴するなら

スマホ・タブレット・パソコンさえ持っていれば、いつでもどこでも、ドラマが見れる動画配信サービスがあります。お試しキャンペーン期間中は、期間以内に解約すれば一切お金はかかりません。

デイリーモーションやパンドラなどにアップロードされているドラマは違法動画ですのでご注意ください。ココでは、安全で高画質な公式動画サービスだけをお届けしています。

フジテレビ系のドラマを見るなら、『FOD(フジテレビオンデマンド)』

●民衆の敵
●刑事ゆがみ
●ラブホの上野さん Season1〜2
●イタズラなKiss〜Miss in Kiss
●コードブルー Season1〜3
●ウツボカズラの夢
●昼顔
●ラストシンデレラ
●明日の約束(ポイント)などなど

日テレドラマをメインで見るなら!『Hulu』

●奥様は、取り扱い注意
●今からあなたを脅迫します
●先に生まれただけの僕
●愛してたって、秘密はある。
●わにとかげぎす
●ブラックリベンジ
●過保護のカホコ
●ウチの夫は仕事ができない などなど

最も作品が豊富な『U-NEXT』

ポイントが必要な作品もあります。今なら初回特典で600ポイントが付いてきます。

●陸王(324ポイント)
●コウノドリ(324ポイント)
●監獄のお姫さま(324ポイント)
●ドクターXシリーズ(324ポイント)
●黒革の手帖(324ポイント)
●この声をきみに(216ポイント)
●わろてんか(108ポイント)
●ひよっこ(108ポイント)
●君の名は。(540ポイント) などなど

ぜひ、この方法で、見逃したドラマを楽しんでくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。