ドクターy2 第2弾の動画を無料で1話から最終回まで見るには

ドクターy2 第2弾(エピソード2シーズン)の動画を無料で1話から最終回まで見るには。

ドクターxでとても個性的なキャラクターである加地 秀樹(かじ・ひでき)である勝村 政信さん。

そんな、面白いキャラと手術の腕前ともあってドクターxならぬドクターyにてドラマ放送されていました。

そこで今回は、ドクターy2 エピソード2シーズンの動画を無料で1話から最終回まで見る方法や、ドクターyのエピソード2のキャストやネタバレあらすじについてなどご紹介していきたいと思います!

ドクターy2 動画のネタバレあらすじ①

ここは、帝都医科大学付属病院の大洗第八分院です。

特患の三船遥香が入院している部屋へ、加地先生と岬健太が様子を見に来た。浮かない顔をしている三船先生。

薄めに味付けされた病院の食事を口にせず、ベッドで横になっていた。

岬が少しでも食事を摂った方が良いと言うのに対して、加地先生はストレスが一番良くないと言って無理に食事はしなくても良いよ言う。

そして、ごゆっくりと言い残して部屋を後にする。

「特患には甘いんですね」と言う岬に対して、飄々と応対する加地先生。

そこへ、体調を崩したという田波茂男・葉子夫妻(村松利史さん、立石涼子さん)が、野菜などを持ってやってくる。

加地先生に見てもらいたいということで謝礼がわりに野菜を持ってきたのですが、加地先生は「謝礼厳禁」という案内を示して受け取れない事を伝える。

そして、岬に検査の案内をするように言ってその場を去る。三船に対しての対応との違いにイラッとする岬なのだった。

ドクターy2 動画のネタバレあらすじ②

一方、院長の沖田良純院長(佐戸井けん太さん)が誰かと電話をしている。どこかで一緒に手術をした人のようだ。

その電話の相手は、かつて院長の沖田はと一緒に活動していた晶さんだった。晶さんにとって後輩にあたる沖田は、晶さんに大洗の名物を教える。

晶さんはかつての後輩が大洗に居て、今の時期の名物を聞いていたのだと、未知子に話す。、

名物を聞いて小躍りする未知子。

晶さんはちゃっかり未知子を雇わないか話すものの、すでに東帝大学病院から腹腔鏡の名医に来てもらっていると言われてしまうのだった。

ドクターy2 動画のネタバレあらすじ③

また、大洗第八分院に戻る。

加地先生がカップラーメンができるまでの4分を使って、同僚の外科医・鳴海哲平(飯田基祐さん)と麻酔科医・磯野康介(伊東孝明)たちに、腹腔鏡について指導していていた。

鳴海がせっかく医者になったのに食べるのがカップラーメンで、その時間を腹腔鏡の勉強に使うなんてとぼやくと加地先生は「カップラーメンを待つ時間だけではなく、中華でもフレンチでもやるだろ」という。

そこへ岬がやってきて、加地先生が謝礼金によって患者に対する態度を変えるのは如何なものかと突っかかる。

しかし、加地先生はそんな岬に対して「青いな」という。

一度御意と言ってみると楽になるぞと言いますが、断固言わないという岬。

そこへ看護師長の小島絵美(宍戸美和公さん)さんが、加地先生の歓迎会のお店の予約をしたと言う。

加地先生と岬が三船に手術の同意書の説明をする為に病室を訪れた。

三船の虫垂炎(盲腸)の手術は、加地先生が腹腔鏡を使って処置することを話しする。

三船が控えているピアノコンクールにも間に合うことが伝えられますが、三船からは思わぬ返事が。

なんと、腹腔鏡ではなく開腹の手術をするように岬にお願いをする。

そして、父親にはそのことを内緒にするように口止め料としていくらかの謝礼金を渡した。

患者にとって最良な処置をすることが重要だと考える岬は、三船の申し出に答えられない。

しかし、加地先生は謝礼金を受け取ると三船の意向に沿うように、開腹手術をすることと代議士の父・三船勝之(山路和弘さん)には内緒でいることを約束する。

加地先生の対応に納得のいかない岬。そこへ院長・沖田がやってくる。

病院の屋上で三船から腹腔鏡の手術ではなく、開腹による手術への変更依頼を受け、口止め料としていくらかもらったことを報告する。

院長は、岬に対して「あなたならどうしますか?」と聞かれますが、答えられない。

加地先生のようなタイプの外科医はうちの病院にはいないこと、そんな加地先生から学んでみてはとアドバイスをするのだった。

夕方加地先生の歓迎会が行われる院長いきつけの居酒屋で、加地先生は先に一杯やっていた。

遅れてきたみんなが謝りながら席について歓迎会が始まる。

お酒が進んだ頃に、酔っ払って面倒くさい奴になった岬が、加地先生に絡む。

自分の父親が医者で、医者として人を助けるということにお金はいらないということを加地先生に話す。

小島からは岬が海外で医者としてボランティアの活動をしていたことも伝えられた。

ドクターy2 動画のネタバレあらすじ④

そこへ鳴海の携帯に病院から電話が入る。入院している田波茂男の容態が急変したとの連絡だった。

それを聞いた加地先生は「すぐに病院に戻ります」と言って、歓迎会を後にする。

岬も自分も行くと言いますが、加地先生からは酔っ払いはいらないと言われてしまうのだった。

「自分もお酒を飲んでたじゃないか」と言う岬。

しかし、居酒屋の大将(ぶっちゃあさん)が、加地先生が飲んでいたグラスを指して飲んでいたものが何かを確認するように言う。

小島が一口加地先生の飲んでいたものを確かめると、お酒ではなくウーロン茶だったのだ。

加地先生はお店に来たときから「緊急のオペが入るかもしれないから」と言って、お酒は飲んでいなかった。

ただのお金が好きな外科医だと思っていた岬は混乱してしまう。

病院に戻り白衣を纏いながら病室へ向かう加地先生でした。

 

ドクターy2 第2弾(エピソード2シーズン)の動画を見るならこちらから

ドクターy 動画1話から最終回まで無料で見るならauビデオパスを利用する事がオススメです。なんと、30日無料で使えるので、この期間でドクターyを1話から最終回まで見切ってしまえます。

※ドクターyの2期は、9月26日から配信されます。ドクターyの1期はいつでも見れます。

>> 30日間の無料キャンペーンでドクターyを見る

この無料キャンペーンはいつ終了するかわからないので、お早めにドクターyを見ておきましょう。

ドクターy2 のキャスト相関図とは

◆加地 秀樹(かじ・ひでき)(52)…勝村 政信

「腹腔鏡の魔術師」と呼ばれるほど腕がいいが、金には汚い外科医。肩書や権力よりも金を選んだため、同期よりも出世は遅いです。

大門未知子の手術に協力したせいで「帝都医科大学付属病院 高松第24分院」に左遷されるなど、数々の迷惑を被ってきたため、未知子を「デーモン」と呼んで疫病神扱いします。

スピンオフでは茨城県の大洗にある「帝都医科大学付属病院 大洗第8分院」に転勤します。金への執着心が火種となり、新米外科医・岬健太の反発を買うことになるが1体どうなるのか!

◆岬 健太(みさき・けんた)(29)…三浦 貴大

ゆとり世代の新米外科医です。「人の命を救うためには、お金なんかいらない」というポリシーを持ちます。

加地に反発し、青臭いことばかり言いがちだが、医師として誠実であろうという姿勢はあります。実家は小児科です。

◆三船 遥香(みふね・はるか)(20)…宮脇 咲良(HKT48・AKB48)

音大でピアノを専攻する、代議士の娘。ピアノコンクールへの出場目前に虫垂炎になり、「帝都医科大学付属病院 大洗第8分院」に特患として緊急入院します。父親に対して鬱屈した思いを抱えている。

《特別出演》

◆大門 未知子(だいもん・みちこ)(40)…米倉 涼子

フリーランスの外科医です。「神原名医紹介所」に所属しながら、さまざまな病院を渡り歩く。勤務時間は絶対厳守。

医師免許が不要な雑用は一切引き受けず、院内にありがちな権力闘争にも無関心を貫きます。手術の報酬は桁違いに高いが、腕は超一流です。

意見をハッキリ言うため、医局の面々と折り合いが悪いです。加地秀樹に対して超が付くほどそっけない態度を取るが、外科医としての腕は認めています。

し神原 晶(かんばら・あきら)(69)…岸部 一徳

大門未知子が所属する「神原名医紹介所」の所長です。未知子が「師匠」と慕う存在。

元外科医だが、過去に医師免許をはく奪されるなど、謎の多い男です。大学病院の内情にも詳しく、営業に余念がありません。

趣味は麻雀です。一度は手術適応外の重病に冒されたが、未知子のオペで命を救われました。

◆原 守(はら・まもる)(42)…鈴木 浩介

外科医です。「帝都医科大学付属第三病院」勤務時代、大門未知子の手術に協力したせいで関連病院へ転勤します。

ロシアで甲状腺がんのスペシャリストとして活躍した後、「国立高度医療センター」に勤務しました。上の人間に頭が上がらない半面、患者の心に寄り添う医療を目指す温かい男です。加地秀樹とは仲が良く、何かとつるんでいます。

 

ドクターyを1話から最終回まで見るならauビデオパス

>> 30日間の無料キャンペーンでドクターyが見れます

 

ドクターy2 第2弾(エピソード2シーズン)の動画を無料で1話から最終回まで見るには!についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。