コードブルー 藍沢の母親はどうなった?死因などは?

コードブルーとは病院の中で緊急患者発生の隠語です。この隠語は院内で緊急患者発生時にアナウンスで放送されます。

そして、このアナウンスを聞いた医師たちは緊急患者のところに向かうのです。

そんなコードブルーで主演を務めているのは藍沢役の山下智久さんです。

そこで今回はその藍沢の母の死因など母について詳しくご紹介したいと思います。


コードブルー 藍沢耕作(アイサワ コウサク)とは

藍沢耕作とはコードブルーのフライトドクターの候補生です。

この作品の中心的人物として登場するキーパーソンです。

演者は山下智久さん。救命センターの医師でフライトドクターの候補生です。

2ndシーズンまではフェロードクターでも有ります。本作の主人公で上越大学医学部を卒業しています。

別の救命センターで数年間勤務して、フライトドクターになるため翔北救命に来ます。

若いながらも多くの経験を積む事で自分の腕を磨きながら、進む先はミッションをこなして名医になること!という野心家です。

冷静沈着な性格と患者に感情移入しないのが先輩医師の評価で、とある医師からは「生まれながらの外科医だ」と賞賛されています。

翔北救命センターでは周りの医師が戸惑う中でも冷静に手術を行って、初のドクターヘリ出動では患者の右腕切断を決行しています。

自信にあふれた性格でしたが、次第に患者の運命を決める迷いなどに悩まされるようになります。

コードブルー その他藍沢の家族について

◆藍沢夏美(アイサワ ナツミ) 演者:村上尚子

藍沢耕作の母親であり、故人。この記事で紹介する、お母様の死の真相の中心人物です。

◆藍沢誠次(アイサワ セイジ) 演者:リリーフランキー

藍沢耕作の父親であり。

耕作には長年死んだと言われていたが誠次が祖母である、藍沢絹江にお願いして、そう伝えて真実を隠していた。

◆藍沢絹江(アイサワ キヌエ) 演者:島かおり

藍沢先生の育ての親 ドラマの中では患者さんとしても出演しています。


コードブルー 藍沢のお母さんの死因とは

お母様が亡くなっちゃうのって、誰にでもショックな出来事ですよね。

でも、亡くなった事実を受け止めなくちゃ人は前に進んでいけないと思います。

藍沢先生のお母様の死因って何だったのか?藍沢先生のお母様の死因は、高いところから飛び降りた自殺です。

自殺した原因は、ある種の心の病で、自分を追い込みすぎた結果です。

藍沢のお母さんはどうして自分を追い込み過ぎたのか

藍沢先生のお母様は優秀な科学者だったそうです。ある時に藍沢先生を身篭りました。

それは、とても喜ばしいことだったのです。

しかし、優秀な科学者が出産をするということは、一時的に科学者の道を降りると言う事でもありました。

その事で藍沢先生のお母様は1度悩んだのです。そして、出産します。

けれど、出産時に弛緩出血が原因で子宮も摘出してしまいます。その結果、お母様は二度と子供を産めない体になってしまいます。

それを自分が産むことを悩んだバチだといって自分を攻めたのです。

研究者にとって結果は全てで、10年研究してきた事が1秒でも先に他者に発表されてしまったら、自分の研究が水の泡になる世界です。

そして、そんな世界の住人が妊娠・出産して研究が遅れてしまうと言うのは研究者として10年の研究を捨てると言う選択だったのです。


なぜ、藍沢先生のお母さんは妊娠した?

それは、父である誠次の想いが強く関係しています。

父の誠次は、当時とても子供がほしかったそうです。しかし、純粋に子供がほしいと言うわけではなくて、研究第一で自分に構ってくれない妻に自分のそばに戻ってほしい気持ちがあります。

その想いの結果、藍沢先生のお母様は妊娠をしてしまったのです。

そして、父の誠次は自分が妻を殺してしまったと今も悔やんでいます。

コードブルー 藍沢の母親役について

藍沢 夏美(あいざわ なつみ)
演 – 村上尚子
藍沢の母。現在故人(回想や声で登場)。

村上 尚子
1982年2月12日
宮城県出身

◆出演作品

<舞台>

・SET公演

・3LDK「おい!オヤジ。」

他、多数出演

<映画>

・「東京フレンズ」

・「メゾン・ド・ヒミコ」

<TV>
・NHK 大河ドラマ「風林火山」

・NHK 「夜は胸きゅん」

・NHK 大河ドラマ「功名が辻」

・EX「相棒」

・EX「スカイハイ」第3話三鷹役

他、CM・ラジオなど多数出演

ドラマ『コードブルー3』のストーリー

翔陽大学附属北部病院救命救急センターのフライトドクターだった藍沢耕作(山下智久)は同病院の脳外科に、緋山美帆子(戸田恵梨香)は青南周産期医療センターで産婦人科医とし手働いていました。

残った白石恵(新垣結衣)はスタッフリーダーとして、藤川一男(浅利陽介)はフライとドクターとしてフェローたちの指導、救命で毎日忙しい日をすごしていました。

救命部長の橘啓輔(椎名桔平)と三井環奈(りょう)の息子は、拡張性心筋症で、移植手術をしないと助からない状態が長く続き、時間の問題となってきました。

そこで、三井先生は、残された時間を一緒にすごそうと休職することに決心しました。

そこで、理由はいわずに、緋山に頭を下げて救命に戻ってもらうように頼みました。藍沢も、救命が忙しくなって白石からコンサルを頼まれたときには、必ず救命に手伝いに行っていました。

あるとき、大事故が起きて、フライトドクター、フェローたち全員が現場に行きましたが、白石もどうして良いのかわからなくなってしまい、藍沢に電話をしました。

すべてを聞く前に、白石の声から事情を読み取り、現場に急行します。そして、白石に、「指揮官になれ」とカツを入れて、白石の目を覚まさせました。

その後、白石は現場の指揮官をうまく演じることができて、自体を収束に導くことができました。

今のままでいいのか悩んでいた藍沢は、「どこにいてもいい」といわれた白石の言葉から、救命に戻る決意をしました。

コードブルー3の1話あらすじとは

第1話(7月17日放送):視聴率16.3%!

救命救急センターでフライトドクター候補生としてがむしゃらだった5人は、10年経ちそれぞれの道を歩みだしていました。藍沢耕作は脳外科医として経験を積む毎日。

同じ脳外科医である新海広紀と、トロント大学の臨床医師に招かれる枠を争っていたのです。

白石恵はフライトドクターのリーダーとして周囲をまとめる活躍ぶりを見せています。

藤川一男と冴島はるかも救命医を引っ張る存在に成長。緋山美帆子は産婦人科医の道を歩んでいました。

以前、藤川は冴島に恋心を抱いていましたが、その思いが叶い2人は同棲生活を送っていました。さらには冴島の妊娠が発覚し藤川は喜びを見せます。

そんな中、新人フェロー名取颯馬、横峯あかり、灰谷俊平とフライトナースを目指す雪村双葉が救命センターにやってきます。

白石は未熟な4人を育てようと奮闘しますが、白石たちを育てた三井環奈が救命救急センターを離れることになったのです。

人手不足と高いパフォーマンスを発揮できない状況を知り、緋山は救命に戻ることを決意。

藍沢も救命の部長・橘啓輔から戻ることを懇願されていましたが、脳外科医としてのプライドは高く、中々首を縦には振りませんでした。

そんな中お祭りで山車が転倒。転倒した家に少年が挟まれてしまい、フライトドクターたちが駆け付けます。

しかし人手不足の中、頼りない新人フェローたちに現場は混乱。白石はすがる思いで藍沢に電話をかけました。

白石たちが新人フェロー時代に切磋琢磨した5人が集結し、無事少年を助け出すことに成功します。

さらにこの事故をきっかけに藍沢は指導医として救命に戻ることを決意したのです。

今後のコードブルー3も楽しんでくださいね!

コードブルーの藍沢の母親はどうなった?詳しい内容についてでした。


1 個のコメント

  • このドラマをいっも見ていました大変な仕事だと思いますお兄ちゃんも藍沢莉奈妹私も病院に運んだ事を覚えていました夏子母さんになんで….

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。