過保護のカホコ 再放送はいつ?再放送が待てないあなたへ!

高畑充希さん、竹内涼真さん出演の日テレの水曜ドラマ「過保護のカホコ」。

家政婦のミタの脚本家・遊川和彦さんが脚本を手掛けているということで話題のドラマですね。

そこで今回は過保護のかほこの再放送や見逃し配信などの動画情報や放送日程をご紹介していきたいと思います!

『過保護のカホコ』の再放送情報とは

現在のところ、再放送の予定はなさそうです。

日テレだけでなく最近は再放送は行われず「見逃し配信」で済まされることが多いようです。

ただし、2話の直前に1話の再放送が放送されることもあるかもしれませんので要注意です。

過保護のカホコの見逃し配信とは

地上波の再放送に比べ、いつでも視聴可能なのが見逃し配信ですね。

 

ドラマの見逃し配信を見るならU-NEXTがお得!

さかのぼって視聴したい場合は無料登録もあるU-NEXTをおすすめします。

⇒  31日間無料キャンペーン中

 

無料登録でも配信動画は見放題です!U-NEXTの場合、日テレの作品だけでなく様々な作品が見放題です!

映画や国内海外ドラマ、アニメや漫画などその数120000作品以上!どうせなら、ドラマ以外にもいろいろ見れる方が断然お得ですね。U-NEXTは新作も視聴できるのが特徴です。

また、レンタルショップを利用される方は、動画配信サービスの方がお得なケースが多く、最近では利用する方が増加中です!

好きな時にすぐ見たい動画が見れますからね。しかも高画質で!現在31日間は無料で利用できるので期間内で辞めることも可能です。

過保護のカホコはこちらのU-NEXTから視聴できます。

⇒  31日間無料キャンペーン中

ドラマ『過保護のカホコ』のキャストとは

◆根本加穂子:高畑充希.超箱入り娘
両親、両親の実家、親戚などから甘やかされて世間知らずに育った超箱入り娘です。

大学生になっても、母親の泉(黒木瞳)の手助けがないと、朝起きたり服を選んだりすることもできません。昼間も、ずっとママとスマホでメッセージのやり取りをしています。

そんなカホコは、卒業を控えて就活をしていますが、なかなかうまくいかず、父親の正高(時任三郎)も苦労しています。そんなカホコが大学でひとりの青年、麦野初(竹内涼真)と出会います。

初は、帖過保護のカホコを見て、「お前みたいな過保護がいるから日本がダメになる」ときつい言葉を投げ付けられて、自分のことを考え始めます。

◆麦野初:竹内涼真、同じ大学に通う画家志望の学生

カホコと同じ大学に通う画家志望の学生で、両親がいない天涯孤独の身の上で、自分の絵の才能と将来に非常に不安を抱えてる青年です。

過保護に育ったカホコをみて、境遇の違いから目の敵にして、現実の世界に引きだすことになります。

◆根本正高:時任三郎、カホコの父親

カホコの父親で、思ってることをなかなか言い出せない人です。

そのため、妻の泉や実家の人々がカホコを過保護に育ててることに何も言えず、カホコにも厳しく接することができないでいる父親です。

◆根本泉:黒木瞳、カホコの母親
カホコのことを溺愛しているカホコの母親です。

カホコのことをすべて理解しないと気が済まず、まるでお人形のようにカホコの事を扱っています。

◆根本正興:平泉成、正高の父親

カホコ(高畑充希)の父親の正高(時任三郎)の父親で、カホコのおじいちゃんです。

◆根本多枝:梅沢昌代、正高の母親
正高(時任三郎)の母親で、正興(平泉成)の妻で、カホコのおばあちゃんです。

◆根本教子:濱田マリ、正高の妹
正高(時任三郎)の妹で、カホコの叔母です。

バツイチで、両親の所に戻ってきましたが、居心地がよいらしくて親に頼りきっています。

◆並木福士:西岡徳馬、泉の父親
カホコの母親、泉(黒木瞳)の父親です。

◆並木初代:三田佳子、泉の母親
カホコの母親、泉(黒木瞳)の母親です。

◆並木環:中島ひろ子、泉の妹
カホコの母親の泉(黒木瞳)の妹で次女です。

◆並木衛:佐藤二朗、環の夫
環(中島ひろ子)の夫で、警察官です。

◆並木節:西尾まり、泉の妹
カホコの母親の泉(黒木瞳)の妹で三女です。

◆並木厚司:夙川アトム、節の夫
節(西尾まり)の夫で、病院で看護師をしています。

◆並木糸:久保田紗友、節と厚司の娘
節(西尾まり)と厚司(夙川アトム)の娘です。

たぐいまれなチェロの才能に恵まれて、プロのチェリストになるのが夢です。

過保護のカホコはこちらのU-NEXTから視聴できます。

⇒  31日間無料キャンペーン中

ドラマ『過保護のカホコ』のストーリーとは

大学4年生のカホコ(高畑充希)は、その愛くるしい笑顔と、まじめで素直な性格で、両親からも溺愛され、両親の実家からも愛されて大事に育てられてきました。

そのために、母親の泉(黒木瞳)がいないと生活できないくらいの過保護の超箱入り娘になってしまいました。

ある日、大学で、画家を目指す麦野始(竹内涼真)という青年に出会います。カホコのあまりの過保護さに、始は驚きます。

自分がカホコに聞いた「何のために働くのか?」という質問を逆に聞かれて、カホコを自分のバイト先に連れて行き、ティッシュ配りとピザ配達をさせて仕事を体験させます。

仕事が終わった後、ファミレスで食べたご飯の味や、始が書いてくれたカホコの絵をみて、「人を幸せにする仕事をしたい」と決心しました。

ドラマ『過保護のカホコ』の2話あらすじ

自分は「人を幸せにするための仕事」がしたいのだと気づいたカホコ(高畑充希)に、母・泉いずみ(黒木瞳)は専業主婦になって家族を幸せにすればいいと勧め、父・正高まさたか(時任三郎)は娘の成長の兆しを感じていた。

カホコが大学の同級生・初はじめ(竹内涼真)から「社会に出て働くのが怖いのではないか」と指摘されたことを知った泉は、まるで自分が言われたかのように憤るが、父親や親戚の職場見学をして理想の仕事を見つけたいと言うカホコに同行することに。

正高は会社に見学に来たカホコに自分の仕事を説明するが、なぜ今の会社に就職したのかという質問にうまく答えられず、警官の叔父・衛まもる(佐藤二朗)と看護師の叔父・厚司あつし(夙川アトム)は自分たちの仕事のキツい面やマイナス面がカホコには合わないのではないかと答える。

なかなかピンとくる仕事が見つからず悩むカホコは、初から勧められた色々な職業が紹介してある本を読み漁る。

しかし、どの仕事もカホコには向いていない理由が見つかるばかり。泉は結局就職より花嫁修業をするのが一番の得策なのだと主張する。

そんな中、カホコはプロのチェリストを目指す従姉妹のイト(久保田紗友)にチェロを始めた理由を尋ねに行くが、ウィーン留学のかかったコンクールを目前にイトが手首の痛みを隠して練習を続けていることを知ってしまう。

周りに心配をかけないために黙っていてほしいと頼まれるカホコだったが、イトの両親を始め親戚一同が寄せるイトへの過剰な期待とプレッシャーの前にカホコはママに初めて秘密をつくる。

コンクール当日。勝手にイトの優勝を確信する親戚たちの中、カホコは自分しか知らないイトの手首の痛みに気が気でない。そして、とうとうイトが演奏する順番が回ってくるのだが…。

これからの過保護のかほこさんが楽しみですね!

過保護のカホコの再放送はいつになる?についてでした。

過保護のカホコはこちらのU-NEXTから視聴できます。

⇒  31日間無料キャンペーン中

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。