アイコスの発ガン性10倍のニュースは本当?2017年まとめ

アイコスの発ガン性10倍のニュースは本当?2017年まとめ

タバコを吸った気になれるのに一般的なタバコよりも身体への害がはるかに少ないことからアイコスに移行する人が急増しましたね。

2015年9月に発売してから、ずっと品薄状態のアイコスとなります。

アイコスは人気ですが発がん性10倍というニュースが気になりますよね…。

そこで今回は、アイコスの発がん性10倍のニュースは本当なのかについて詳しくご紹介していきたいと思います!

アイコスの仕組みについて

まずはアイコスの仕組みからおさらいしてみましょう!

本体の長さは約10センチ、太さは万年筆ぐらいとなります。この本体の中に専用ヒートスティックや加熱ブレードやバッテリーや吸い口などが一列に並んでます。

専用のヒートスティックには、中に練り物状のタバコの葉が入っており、これを加熱ブレードで高温にすると、タバコの葉に含まれる水分が水蒸気化をし、その水蒸気を吸い込むのがアイコスの仕組みとなります。

紙巻きタバコとは

今までの一般的な紙巻きたばこは、タバコの葉を紙で巻き、タバコの葉に火をつけて、フィルターを通しその煙を吸う物でした。中にはフィルターが存在しないものもあります。

一般的なタバコによる身体への害はとても有名で、発がん性物質が非常に高く、肺ガンや喉頭ガンなど、ガンの原因になるとされてきました。

その原因となる主な三つの物質についてお話すると

・ニコチン
血管を細くしてしまう作用があり、手足の先など毛細血管には結構な結構なダメージです。

その為、手足の先に十分血液が送れず、冷え性になることもあります。冷え性の方はニコチンを断つことで症状が和らいだりもします。

ですが、ニコチンには習慣性、依存性があります。この二つのせいで禁煙がつらく感じてしまうのです。

・タール
ヤニ(脂)のことをいいます。煙として立ち昇り、壁などを茶色くしたり、歯について黄ばませたりと、肺を黒くしたりするのがタールの特徴です。

このタールの中に無数の化学物質、有害物質が含まれていると言われています。

・一酸化炭素
タバコの葉や巻いている紙が不完全燃焼になることで発生いたします。

体内では酸素に結びついてしまい、ヘモグロビンが酸素を全身に運ぶのを邪魔してしまいます。これによるトラブルはたくさんありますがひとつ挙げると、全身の老化です。

肌の老化により、非喫煙者より喫煙者のほうが見た目が老けて見えるという研究結果もでています。

これらの三つの物質はタバコの三大有害物質とされています!

健康を考えると禁煙したほうが、一番いいですがそう簡単に禁煙できないのが現実だとおもいます。

体のことを考えてアイコスに移行した人の中には発がん性物質10倍というニュースを見て、紙巻きタバコに戻したという方までいることでしょう。


なぜこのような情報が流れたのか?

日本のメディアサイトでは、海外の情報が翻訳され、拡散されたものとのことでした。

こういった情報は、その情報源の信ぴょう性が重要になりますね。果たして本当なのか、それともデマなのか?気になりますね。

情報源を調べてみたところ、アメリカの研究機関が発表したものに行き着きます。

アメリカの医学者達によるジャーナルサイトで、様々な医学文献が投稿されるところとなります。

そこで投稿された一つに、このアイコスに関するものが発見されました。

それをアメリカのロイター誌がピックアップしてから、さらにそのロイター誌の情報を日本のとあるメディアが翻訳して拡散したということとなります。

まるで伝言ゲームみたいですよね。最後の人までしっかり伝わるのって意外と難しいものです…。

そう考えると日本で広まってしまっている、この情報はあまり信ぴょう性のないもののように感じてきますね。

ロイター誌の記事について

さて、ロイター誌にはなんと書いてあったのか気になる方も多いことでしょう!

ロイター誌では「燃やさず加熱するタバコであっても、発がん性のある化学物質を放出している」というタイトルの記事を配信していました。

この中で、スペイン・ルベン大の博士が、「加熱式タバコには、一酸化炭素・多環式芳香族炭化水素・揮発性有機化合物などの有害物質が含まれており、一般的なタバコよりも、よりいっそう多いものもある」

「化学物質の中には、量が少ないからといって安全とは限らないものもある」

「もっとわかるまで、加熱式タバコの使用は控えるべきだ。健康への長期の影響を判断するにはさらなる研究が必要だ。」と言っていました。

ここまで調べてみて、アイコスは一般的なタバコに比べ、健康への被害がないはずでは?だからこんなにも人気が出ているのではないの?

ロイター誌の記事に対してアイコス側はどのような反応をとっているのか気になりましたので説明しますね。

保証&サポートも良く

▼最大5本まで連続吸引が可能な電子タバコ▼


発ガン性物質10倍に対してアイコス側の反応とは?

アイコスの製造元となるフィリップモリス社がこの件についてどう回答しているのかを調べてみました。

まず、フィリップモリス社はアイコスについて「ニコチンなどの有害物質はどれも90%は削減されている」と発表してました。

ですが、具体的な数値や検査結果など公表していません。

具体的に数値が出ていなくても、紙巻きタバコによる身体的な害が広まっている中、有害物質90%カットしたうえ、たばこを吸った気になれるのですから人気が出ないわけないですよね。

安心してアイコスを利用していた方々にとっては、今回のニュースはとても衝撃だったことと思います。ネットではこのニュースで炎上するほどとなりました。

さて、このニュースを受け、フィリップモリス社は、以下のように言っています。

「様々な科学者が製品を分析し始めているので、異なる方法論が適用されていることは驚くことではありません。」

と言ったうえで、この調査結果が様々な観点から間違っているとおっしゃていますね。

さらにもっと厳密に研究調査をして欲しいとも言っております。

フィリップモリス社が有害物質の削減について具体的な数値を公表していないので「有害物質90%削減」ということを疑っている方も少なからずいるとは思います。

アイコスへの懸念が出されると、それに飛びついて煽り立てるような人もいます。

その内容を見てみると、IQOS、PloomTECH(プルームテック)、Vape(ベイプ)電子タバコを一緒にして語っていることが多かったです。

アイコスの「発ガン性物質10倍」の真実とは

アイコスには発がん性物質が紙巻きタバコの10倍含まれていると、書いてあるサイトでは、Vepe(ベイプ)でのホルムアルデヒドの話をIQOSとVepe(ベイプ)の区別をせずにしているものでしょう。

「一般的なタバコの10倍の有害物質が入っている」の有害物質とはホルムアルデヒドのことでアイコスの話ではないようですね!

2014年厚生労働省の専門委員会で「国内で入手したニコチンを含まない3製品の上記を調べたところ、2製品からホルムアルデヒドが大量に検出されたました。そのうちのひとつは紙巻きタバコの煙の10倍以上の数値だった。」と報告されています!

IQOS,PloomTECHは仕組みがとても似ていて、どちらも有害物質の削減を謳っています。

なので、ホルムアルデヒドが検出されたのは電子タバコとVepeだと考えられますね!

アイコスの発ガン性10倍のニュースは本当?2017年の最新情報まとめ!についてでした。

【関連記事】

⇒ 意外に新型アイコスも安い!思い切って買い替えもありでは?最安値はコレ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。