シング 映画 動画フルを無料で視聴するならこちら

シング 映画 動画フルを無料で視聴するには!

2016年アメリカ映画となります!

動物たちの歌唱オーディションに奮闘する様子を数々のお馴染みのヒットソングに乗せて描くミュージカルCGアニメ映画です!

声優を務めた方はとても豪華メンバーです。

今回は、シング 映画の動画フルを無料で視聴する方法や、

声優は誰なのか?あらすじネタバレについてなど詳しくご紹介していきたいと思います!

映画「シング」動画の基本情報とは

【監督】ガース・ジェニングス(「リトル・ランボーズ」他)

【配給】東宝東和

【時間】108分

上映時間はコンパクトにまとまった108分です。映画「ミニオンズ」シリーズや「ペット」ですっかり日本でも有名になったイルミネーション・エンターテイメントの制作する3DCGアニメ第3弾は、「歌」をテーマとして取り上げた作品となりました。

2016年12月のアメリカ公開を皮切りに世界中で公開され、すでに6億ドル(約720億円)以上の大成功を収めた本作となっています。

シング 映画の動画フルはこちらから無料視聴できます。

シングの動画をスマホや自宅で見たい!

当然、無料でみたい!

このような時に「シングの動画」や「話題の映画から昔の映画」を見る方法があります。

パソコン・スマホ・タブレット、

このどれか1つでも、持っていれば、「シング」の動画を無料で視聴する事ができます。

その方法と言うのが、U-NEXTを活用する事です!

※「シング」や映画以外にも現在放送中のドラマや過去に放送されたドラマの動画がたくさん無料で視聴できます。

なぜ、無料で視聴できるとかと言うと。。。

今なら、31日間の無料キャンペーンをやっているので、この期間中に解約しすれば、本当に無料利用できます。普通は無料キャンペーンで見れないようなドラマ動画も初回に貰えるポイントを活用すれば、完全に無料で視聴できます。

>> 31日間の無料キャンペーンはこちら

 

映画「シング」のネタバレあらすじとは

コアラのバスター・ムーンは6歳の時、父親と人生で初めて劇場に行き、その素晴らしさに一瞬にして魅了されます。

大人になった彼はこの同じ劇場を買取り、オーナーとなる。多くの観客でにぎわっていた劇場だったが時代と共に経営は困難となり、今や差し押さえの危機に直面していました。

そこでムーンは歌のオーディションを開催しこの劇場を救い出そうと思いつくのだった。こうして秘書のミス・クローリーはオーディションの募集ポスターを作るのだったが、ゼロを二桁間違えて多くしてしまい優勝賞金$100,000と大金が書かれたポスターを配ってしまうのでした。

同じころゴリラの少年ジョニーは細道に立ち一人で歌っていました。彼の父親はギャングのリーダー、ビッグダディーで、ジョニーは父親やそのギャング仲間たちと一緒に強盗の手伝いをさせられていました。

ブタのロジータは毎日25匹の子豚たちの世話に追われ、いつも仕事で忙しい夫のノーマンの面倒も見なければならず、趣味の歌を歌うことでストレスを発散していました。ハリネズミのカップル、アッシュとランスは小さなステージでロックデュオを披露していました。

アッシュはボーイフレンドのランスが自分にリードさせてくれない事に一人悩んでいた。ゾウのニーナは祖父の誕生日に美しい声でバースデーソングを歌います。すると祖父はシャイな彼女に他の人たちの前でもその美しい声を披露すべきだというのでした。

ネズミのマイクは駅でサックスを吹いていた。彼は硬貨をくれた通りすがりの猿に持っているすべての金を出すように強制をするのでした。

オーディションのポスターをまいた次の日、ムーンの劇場にはオーディションに集まったジョニー、ロジータ、アッシュ、マイクを含む、歌に自信のある大勢の動物たちが押し寄せ、ムーンが自ら審査員を務めるオーディションが開催されます。

シャイなゾウのミーナは家族たちに背中を押されオーディションに行くが、いざステージに立つと緊張で歌えなくなってしまうのだった。そんな中オーディションは終わり、ムーンはジョニー、マイク、アッシュをソロの予選通過者として、ロジータをもう一人のブタ、グンターとデュエットの予選通過者として選ぶのでした。

ここでようやくオーディションのポスターに書かれている金額の間違いに気づくムーンだったが、後戻りはできないと皆に内緒のままリハーサルを進めてしまいます。

ムーンに歌のリストを渡された動物たちはリハーサルを始める。そこにミーナが戻ってきてオーディションを改めて受けさせてくれないかと頼もうとするのだったが、ムーンは彼女にショーの手伝い役になる事を提案します。

裏方になることにノーと言えずにそれに応じるミーナだったが、帰宅すると家族や祖父たちがオーディションに受かったと勘違いをしてしまい彼女はそれに話を合わせるのでした。

ショーに向けて準備をしているムーンのもとに銀行員がやってきて滞納している借金を払わなければ劇場を差し押さえると通告するのでした。

ムーンは友人の羊、エディーの祖母でレジェンド級の歌手であるナナ・ヌードルマンに資金提供を依頼する為に劇場に彼女を招き、大きな水槽とイカのダンスによるプロジェクションマッピングのような演出をしたショーを開催するのでした。

感心するナナであったが、ショーの途中で水槽が割れ水浸しになってしまった劇場は一瞬にして崩れてしまいます。

映画 動画フル「シング」の結末ネタバレ

ナナからの資金提供も受けられず劇場も失い、さらに賞金がないことが皆にばれてしまったムーンは落ち込み引きこもってしまう。

もうこれ以上失うもののないムーンは、洗車の仕事をしている時、どこからともなく聞こえる美しい歌声のする方に行ってみると、そこには一人で歌うミーナの姿がありました。

ミーナの歌声に魅了されたムーンは皆を呼び戻し劇場を仮設し直すと、ショーを開くことにする。賞金はもうないと知った皆もムーンに協力するのでした。

そしてショーが始まるとテレビ中継されていた劇場に次々と観客が押し寄せ、ミーナも大勢の観客の前で美しい歌声を披露し、ショーは大成功を収める。そしてムーンは観客の中に拍手をするナナを見つけます。

その後ナナはムーンの劇場に資金提供をして買い戻し、ムーンの劇場は新たな心機一転再スタートを切るのでした。

 

シング 映画 動画フルを無料で視聴するならこちら

>> 31日間の無料キャンペーンはこちら

主な登場人物と声優とは

本作は、ズートピア同様、人間ではなく動物たちだけが暮らす世界での出来事を取り上げます。

現代のアメリカ社会のメタファーとして社会での差別と偏見に焦点を当てたズートピアとは違い、「Sing シング」で取り上げられたのは個人個人のドラマです。

劇場支配人のバスターを中心に、集まってきた主役たちの人生を描きます。

今作は、豪華な声優陣に注目です。字幕版、吹替版ともに、一流の俳優やシンガー、声優を起用して鉄壁の布陣。

特に楽曲群では、スカーレット・ヨハンソンや長澤まさみが上手だったのが意外でした。演技だけでなく歌も上手いのですね!!

◆バスター・ムーン(マシュー・マコノヒー/内村光良)

吹替版の内村光良は、基本的には前向きで陽性なコメディアンとして、絶妙の配役でした。声の演技も悪くなく、違和感なくスッと入っていけます。

鬱陶しいほど空元気を発揮するバスターの性格をしっかり声だけで表現できていました。

字幕版のマシュー・マコノヒーも「ダラス・バイヤーズクラブ」や「インターステラー」のようなシリアスな役から、こういったアニメ声優まで、本当に多才なカメレオン俳優を発揮しています。

◆ロジータ(リース・ウィザースプーン/坂本真綾)

家では子供を25匹抱え、家事育児に全く興味のない無気力な夫を抱えて孤軍奮闘する毎日。すっかり家の中で落ち着いてしまい、自信がなくいつもおろおろしているような気の弱い主婦を日米両声優とも上手に表現しています。

ちなみに、ブタは多産で、1回の出産で10匹~12匹の子供を生むので、家で25匹の子供がいるのも納得ですね。

◆マイク(セス・マクファーレン/山寺宏一)

山寺宏一のほれぼれするような大人びた歌声がとにかく素敵でした。彼は本当にいい仕事をする超一流の声優ですね。

最近は、主演で出るより、こういった脇役のほうがいぶし銀の活躍をする傾向にあるような気がします。

◆アッシュ(スカーレット・ヨハンソン/長澤まさみ)

長澤まさみが上手だったのも驚きですが、スカーレット・ヨハンソンがもとはシンガーソングライターで、様々なアーティストとのコラボも入ったオリジナルアルバムを2枚も発表済みというのが凄い。

俳優業としても歌手としても大活躍です。

◆ミーナ(トリ・ケリー/MISIA)

こっちは、どう聴いてもMISIAの歌声なんですが、ソウルフルで声域の広い壮大なバラードを簡単に歌い上げてしまうMISIAはさすがの人選。

というより、よくこういう役回りを引き受けたなぁとびっくりです。吹替版のハイライトは、MISIAの歌声であると言っても過言ではありません。

◆ジョニー(タロン・エガートン/大橋卓弥)

目を閉じて歌唱シーンを聴くと、やっぱりスキマスイッチを連想してしまうのですが、でも大橋卓弥は昔に比べると歌唱が安定しましたね。

声優としても違和感なく、多才な才能があるんだなぁと驚きました。

◆エディー(ジョン・C・ライリー/宮野真守)

脇役にも日本の実力派人気声優をあてて、スキのない布陣でした。メイキングビデオで、各声優陣の中で出演できたことを一番喜んでいましたね。

映画「シング」の見どころとは

やはり、日本の人には吹き替え版がおすすめです。

まず、吹き替えキャストが大変豪華で、声の違和感もほとんどありません。

お笑い芸人の内村さんや斎藤さん、歌手の大橋さん、MISIAさんなどプロの声優でない人も参加していますが、皆さん上手だったしキャラにも合っていると思いました。特に斎藤さんが意外と良い声でしかも上手いです。

また、主題の「歌」については原曲のほとんどが洋楽であるため、ふだん洋楽を聞かない人は吹き替え版の方がすっきり頭に入っていくと思います。特に「子ども連れ」の場合や学生が見る場合はとくに吹き替えの方がしっくりくると思います!

日本の役者が洋楽をどう歌うのか?という見どころもあり、それぞれのキャストのファンの方は吹き替え版で見ると楽しめると思います。

特にMISIAの熱唱は見どころの1つで、これを見るためだけに吹き替え版を見る価値があると思いますよ!!

シング 映画 動画フルを無料で視聴するならこちらについてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。