コードブルー 冴島が流産?5話の展開が〇〇〇〇!?

第5話の予告で冴島先生が倒れるシーンが出ていました。

その後「お願い、緋山先生・・・」と冴島先生が病室で泣いているシーンが…。

流産してしまったんでしょうか?もしそうなら理由は…?

そこで今回は、第5話ではどんな展開になるのか?など詳しい内容についてご紹介していきたいと思います!


冴島はるかの赤ちゃんは流産?

冴島さんはコードブルー2で最愛の恋人を亡くしています。

治る見込みのない彼氏を看病し続けて、最後にはフライトで立ち会えませんでした。

彼氏のお別れ会では「彼は私の光でした」と涙ながらに語る冴島さんは印象的だったんですよね。

冴島さんは家族とも連絡をとっていないんです。

そう思うと冴島さんって試練が多すぎる。

前回のシアン中毒からの流産の疑いだなんてかわいそうです。

冴島さんには幸せになってもらいたいし、幸せな家族を気づいてほしいですね。

冴島さんは試練が多すぎる

冴島さんはコードブルー2で最愛の恋人を亡くしています。

治る見込みのない彼氏を看病し続けて、最後にはフライトで立ち会えませんでした。

彼氏のお別れ会では「彼は私の光でした」と涙ながらに語る冴島さんは印象的だったんですよね。

冴島さんは家族とも連絡をとっていないんです。

そう思うと冴島さんって試練が多すぎる。

前回のシアン中毒からの流産の疑いだなんてかわいそうです。

冴島さんには幸せになってもらいたいし、幸せな家族を気づいてほしいですね。


シアンが原因?

第3話の時、妊娠11週と出ていましたから、第4話では妊娠12週くらいですよね。

妊娠12週から22週までの流産はお母さん側に問題がある場合に起こりやすく、12週未満の初期流産は主に胎児側に問題があると言われています。

ということは、今回の何らかの危機はやはり母体である冴島さんに何かしらの原因があったのでは?ということになりますね・・・。

1つは、やはり過酷な労働環境による過労があげられると思います。

もう1つは、やはり「シアン」の影響が否めませんよね。シアンはタバコなどにも含まれていますよね。

シアンは容易に胎盤を通過し、胎児の発育に影響を及ぼすと言われています。

例えば、妊娠中に喫煙をすると、低出生体重児の頻度が2倍になり、1日の喫煙本数が増えるほど出生児の体重減少が大きくなるというデータがあります。

そのほか、自然流産、早産、周産期死亡率、常位胎盤早期剥離などの頻度が上昇すると言われています。

ということはやはりシアンが関係している可能性がありますね。

あのシアン中毒が起こったとき、シアンで自殺しようとした人は、助かったにも関わらずまた自殺しようとしていましたよね。

周りにこんなに迷惑をかけて…。

周囲に迷惑をかけたなんてくだりが1つもなかったのは、ドラマの流れ上不要なことだったからなのかもしれませんが、1人モヤモヤしていました…。

ドラマ「コードブルー3」のストーリー

翔陽大学附属北部病院救命救急センターのフライトドクターだった藍沢耕作(山下智久)は同病院の脳外科に、緋山美帆子(戸田恵梨香)は青南周産期医療センターで産婦人科医とし手働いていました。

残った白石恵(新垣結衣)はスタッフリーダーとして、藤川一男(浅利陽介)はフライとドクターとしてフェローたちの指導、救命で毎日忙しい日をすごしていました。

救命部長の橘啓輔(椎名桔平)と三井環奈(りょう)の息子は、拡張性心筋症で、移植手術をしないと助からない状態が長く続き、時間の問題となってきました。

そこで、三井先生は、残された時間を一緒にすごそうと休職することに決心しました。そこで、理由はいわずに、緋山に頭を下げて救命に戻ってもらうように頼みました。

藍沢も、救命が忙しくなって白石からコンサルを頼まれたときには、必ず救命に手伝いに行っていました。

あるとき、大事故が起きて、フライトドクター、フェローたち全員が現場に行きましたが、白石もどうして良いのかわからなくなってしまい、藍沢に電話をしました。

すべてを聞く前に、白石の声から事情を読み取り、現場に急行します。そして、白石に、「指揮官になれ」とカツを入れて、白石の目を覚まさせました。

その後、白石は現場の指揮官をうまく演じることができて、自体を収束に導くことができました。

今のままでいいのか悩んでいた藍沢は、「どこにいてもいい」といわれた白石の言葉から、救命に戻る決意をしました。

救命に戻ってきた藍沢は、フェローの横峯あかり(新木優子)に対してきびしい指導を行います。逆に白石は、気の弱い灰谷俊平(成田凌)に対して手取り足取り優しく教えてることで、二人の間に指導方法で対立するようになってしまいました。

ですが、藍沢の「よくやった」と横峯に掛けた言葉で、かつて黒田先生たちに同じように言われてうれしくなったことを白石は思い出して、フェロー達の成功も失敗も一緒に背負っていくことを再び決意しました。

白石と灰谷、はるかは、シアン化合物を飲んで自ら命を絶とうとした秋本をヘリに乗せたため、中毒を起こしてしまいます。はるかは意識不明の重態になりました。

秋本はいったんよくなりますが、再び廊下から飛び降りて緊急手術を受けます。体の生きる力が勝って再び手術は成功します。はるかも、意識が無事に戻って後遺症もありませんでした。藤川はあらためてはるかにプロポーズしました。

橘の息子の優介は、一時期意識不明になってICUに運び込まれます。意識を取り戻しますが、隣にいた同じ病気の友達が亡くなってしまいました。移植の順番待ちであせっていましたが、橘と三井は恵がを見せる努力をするようにしました。

緋山は、周産期医療の現場に戻れないと若って、救命の仕事に疑問を持ち始めましたが、料理人の患者、緒方に勇気付けられます。そんな緒方に好意を抱いた緋山は、おにぎりを買って病室に行きましたが、緒方の奥さんがいました。

天才ピアノ少女の奏は、「やっぱり怖い」と手術を拒否していましたが、藍沢の「大丈夫」と言う言葉と笑顔で、手術することを決意しました。が、その翌朝、痙攣を起こして意識不明になりました。


コードブルー3の5話のあらすじとは

藍沢耕作(山下智久)は天野奏(田鍋梨々花)の緊急オペと別の患者の急変への対応に夜通し追われ珍しく医局でぐったりしてしまう。そこに藤川一男(浅利陽介)がトマトの箱を腕一杯に抱えて出勤して来た。

妊娠中の冴島はるか(比嘉愛未)が今唯一食べられるのがトマト。藤川は、冴島が他の食べ物は受け付けないのでトマトがないと機嫌が悪い…と愚痴を言ってはいるが幸せそう。

緋山美帆子(戸田恵梨香)は友達の話しとして、気になる男性に妻がいた場合について白石恵(新垣結衣)に相談。しかし、白石に不倫はいけないと大声で返されてしまい、緋山は相談する相手を間違えたと後悔する。

そんな時、翔北救命センターに下水道工事中の作業員が増水のため流され、救助に当たっていたレスキュー隊員1人も負傷しているとドクターヘリの要請が入った。

白石、名取颯馬(有岡大貴)、雪村双葉(馬場ふみか)がヘリに乗り込む。現場に着くと、名取はレスキュー隊員で意識のあるベテランの倉田正敏(大谷亮介)らの処置にあたり、白石と雪村は溺水で意識不明の作業員、吉崎孝司(長谷川慎也)をヘリで救命センターに搬送した。

初療室で吉崎の治療をしていると、雪村が冴島の様子がおかしいことに気づく。と、次の瞬間、冴島は倒れ込んでしまった。

一方、別の病院に受け入れてもらった倉田の容態が急変し翔北救命センターに戻された。倉田の状態を判断した名取は動揺するのだが…。

コードブルー 冴島が流産?5話の展開が〇〇〇〇!?についてでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。